スズキ

【スズキ】ワゴンRの特徴は?メリットとデメリットまとめ!

ワゴンrの画像

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

しかし、ホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

そこでこのページでは、ワゴンRの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

ワゴンRの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

スズキワゴンRの特徴

ワゴンrの画像
画像出典スズキ公式

ワゴンRは背の高いボディに、車内空間を優先したハイトワゴンタイプの軽自動車です。2017年2月にフルモデルチェンジが行われ、現在は6代目のモデルになります。

ワゴンRの大きな特徴は以下の3つです。

  1. 外見のデザインが異なる3つのモデル
  2. 抜群の低燃費
  3. 軽自動車では安全性能が優れている

マイルドハイブリッド搭載による抜群の低燃費、グレードによって外見が異なるモデルを採用した軽自動車です。

マイルドハイブリッドは発進・徐行をするときなどに限り、ガソリンエンジンを使わずにモーターのみで走ります。

マイルドハイブリッド搭載により燃費性能が向上。アイドリングストップからの静かな再始動も実現しました。

パワートレインは660cc直列3気筒エンジンと、600ccターボエンジンの2種類を用意しています。

軽自動車としては車内は十分に広く、小柄なボディサイズは街中を走りまわるのに適しています。抜群の低燃費と維持費の安さで、経済性も高い車ですね。

ワゴンRのメリット

メリットの画像
  1. マイルドハイブリッド搭載によりトップクラスの燃費性能
  2. 選べる3つのモデル
  3. 後席は広くシートアレンジがしやすい
  4. 安全装備セーフティパッケージを選択できる
  5. 視認しやすいヘッドアップディスプレイ
  6. 街中で扱いやすいボディサイズ
  7. 駐車をサポートする全方位モニター
  8. 傘の収納に困らないアンブレラホルダー

マイルドハイブリッド搭載によりトップクラスの燃費性能

マイルドハイブリッドの燃費はJC08モードで33,4km/ℓです。マイルドハイブリッドを搭載したことにより、軽自動車でもトップクラスの燃費性能をしてます。

もともと軽自動車は、税金やメンテナンス代などの維持費がかなり安いです。

そのうえ燃費性能も優れていますので、マジで財布に優しいですね。

毎月の燃料代が安くなるのはもちろん、何度もガソリンスタンドに給油しにいく手間が省けますね。

選べる3つのモデル

グレードによって外見のデザインが異なる、3つモデルが用意されてます。

標準車、標準車・上級グレード、スティングレーの3タイプで分かれており、デザインが異なるつのモデルはそれぞれ違った印象を受けるでしょう。

3つのモデルが用意されたおかげで、選択できる幅が広がりました。

①標準車

ワゴンRの画像です

ベーシックグレードの「FA」「ハイブリッドFX」のモデルです。今までのワゴンRの面影を残しており、親しみやすいデザインをしています。

販売価格は107~139万円です。

②標準車・上級グレード

ワゴンRの画像です

上級グレードの「ハイブリッドFZ」のモデルです。横目のランプを2段に重ねた、スタイリッシュな顔つきが特徴的です。

販売価格は135~153万円です。

③スティングレー

ワゴンRの画像です

「スティングレー」系のモデルです。攻撃的なフロントマスクをしており、若者をターゲットに狙ったデザインをしています。

最上級グレード「ハイブリッドT」には、標準車にはないターボエンジンが設定されてます。ターボ車が欲しいならスティングレーを選択すればいいですね。

販売価格は129~177万円です。

後席は広くシートアレンジがしやすい

ワゴンR荷室の画像です

後席の広さはハイトワゴンタイプでは、トップクラスの広さです。足元のスペースは大人が座っても、ゆったりと足を組めるだけの空間があります。

また、後席は左右独立のスライド機能が備わり、折りたたんで格納することもできるので、シートアレンジもしやすいです。

後席を倒すとほぼフラットな荷室になり、大きな荷物も積みやすいでしょう。用途に応じた使い勝手も良好ですね。

安全装備セーフティパッケージを選択できる

事故などなければ1番よいのですが、万が一事故にあった時に安全装備は非常に重要です。

ワゴンRには複数の安全装備をセットにした、セーフティパッケージをメーカーオプションで選択することができます。

セーフティパッケージ
  1. デュアルセンサーブレーキサポート
  2. 誤発進抑制機能
  3. 車線逸脱警報機能
  4. ふらつき警報機能
  5. 先行車発進お知らせ機能
  6. ハイビームアシスト機能

対象物を検知するセンサーには、赤外線レーザーと単眼カメラを組み合わせたシステムを採用。緊急自動ブレーキは車両だけでなく、歩行者にも対応しました。

緊急自動ブレーキは対車両が5km/h~100km/hで対応。歩行者は5km/h~60km/hの広範囲で対応します。

ユーザーの関心が高い安全装備を充実させました。軽自動車のなかでも、特に安全性能に優れていますね。

視認しやすいヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイの画像です

軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイが、オプションで装着できるようになりました。

ワゴンRでは前方の視界を向上させるため、センターメーターを採用してます。しかしセンターメーターは前方の視界は見やすくなるのですが、運転中はメーターを確認しづらいため視認性が低下します。

そこで視認性の低下を補うため、ヘッドアップディスプレイをダッシュボードに設置することでカバーしました。

ヘッドアップディスプレイは車速、ナビ情報、ブレーキの警告などが表示されます。

車速はデジタルで大きく表示されるため、走行中でも確認しやすいですね。使用しないときは格納できるので、邪魔になりません。

街中で扱いやすいボディサイズ

全長3,395mm、最小回転半径4,4~4,6mと小柄なボディサイズに小回りも優れていますので、とても扱いやすい車です。

取り回しが優れているので、混雑した街中や狭い道路でも気軽に走れる良さがありますね。初心者の方や運転が苦手な方でも、運転しやすいと思います。

駐車をサポートする全方位モニター

ワゴンr全方位モニターの画像

駐車が苦手な方もいるかと思います。ワゴンRでは駐車をサポートする、全方位モニターをオプションで装着できます。

全方位モニターは車の真上から見ているような映像をモニターに写し、周囲の状況を把握しやすくしてくれる装備です。

運転席から見づらい場所も、モニターで確認することができます。駐車が苦手な方には心強い装備ですね。

傘の収納に困らないアンブレラホルダー

アンブレアホルダーの画像です

ワゴンRではリアドアの内側にカサを収納できる、アンブレラホルダーを全車に標準装備しました。

濡れたカサって足元に置くと邪魔になりますよね。アンブレラホルダーがあればカサが邪魔にならず、フロアシートも汚しません。

収納した濡れたカサは、リアドアから外に水滴が自動で排出されます。水が溜まらない工夫がされており、使い勝手が良いです。良く考えられますよね。

ワゴンRのデメリット

注意点の画像

続いてワゴンRのデメリット・気になる点について紹介します。

デメリットは人によって感じ方が違いますので、購入前に1度自分で確認しておきたいところですね。

ワゴンRのデメリットは以下の2つです。

  1. ノーマルエンジンはパワー不足
  2. センターメーターはやや見づらい

ノーマルエンジンはパワー不足

ノーマルエンジンは最高出力が52ps(馬力)しかなく、坂道や高速道路ではパワー不足を感じるかもしれません。

軽自動車自体パワーがないため仕方ないですが、少しでもストレスなく運転がしたい方は、スティングレーのターボ仕様がオススメです。

ノンターボに比べると、坂道や追い越しもスムーズに運転できますよ。とはいえ普通車に比べると、まだまだパワー不足で快適に運転できるとはいきません。

センターメーターはやや見づらい

センターメーターには車速以外にも、エンジン回転数やガソリン残高が確認できます。

オプションで装備できる、ヘッドアップディスプレイは車速は確認できますが、エンジン回転数などは確認できないです。

いざ運転中にエンジン回転数を確認しようとすると、メーターまで距離があるので見づらいと感じるかもしれません。

好みにもよりますが、メーターは右側にある方が見やすいですね。

まとめ

ワゴンRまとめイラストです

ワゴンRは抜群の低燃費、軽自動車では優れた安全性能、日常で使いやすい利便性を備えた軽自動車です。

お買い物に週末のドライブと、日常のシーンで十分に活躍できるでしょう。

通勤用の車としても、高い燃費性能は魅力的です。毎日距離を走る場合、燃料代はバカになりませんよね。

経済的で使い勝手が良い、定番の軽自動車を求めている人は、ワゴンRを選択肢に入れてもいいと思います。

自分の使用用途に合わせて、ぜひお気に入りの車を見つけだしてくださいね。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ