コンパクトカー

【トヨタ】タンクの特徴は?気になるポイントをまとめてご紹介!

タンクの画像です

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

でもホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

このページではタンクの特徴と購入の参考となるポイントを、まとめて紹介していきます。

タンクの基本情報【価格・燃費】

トヨタタンクの画像です
画像出典wikipedia
【タンク】基本情報
メーカー トヨタ
販売時期 2016年11月
燃費 国土交通省審査値24.6km/ℓ
排気量 996cc
燃料タンク容量 36ℓ
車両重量 1070kg
エンジン 直列3気筒DOHC
車のタイプ コンパクトカー
乗員定数 5人乗り
ナンバーの種類 5ナンバー
新車価格 146万円~200万円

タンクはダイハツから販売されている「トール」のOEM(他社の製品に自社ブランドをつけて販売)モデルです。

クルマの製造はダイハツがして、販売はトヨタがしています。

販売価格は146万円~とベースグレードの場合、比較的安く購入できます。

燃費は国土交通省審査値で24.6km/ℓ

排気量が1000ccなのでノーマルエンジン車は燃費がいいですが、パワー不足と感じるかもしれません。

パワー不足を補うためにターボ車も用意されています。

エクステリア

タンクエクステリアの画像です
画像出典トヨタ公式

幅が狭く背の高いボディは、軽自動車をそのまま大きくしたようにスッキリまとまった外観です

ボディサイズは小さいですが全高は1700mmを超えており、ヒップポイントが高いため視野がいいです。

ボディカラーは2トーンタイプも合わせて、全部で14色用意されてます。

2トーンタイプは結構目立ちますので、好みが分かれるところですね。

後席側はスライドドア式で、高い乗降性も備えています。

インテリア

タンクインテリアの画像です
画像出典トヨタ公式

ボディはコンパクトに抑えながら、広い車内空間を備えています。

室内のカラーは黒色を基調としており、全体的にシンプルな内装です。

多彩なシートアレンジ、自転車を積みやすい汚れ防止シートなど実用性が高いですのもポイントです。

グレードの特徴と装備の違い

グレートと装備の違いイラストです

タンクの場合ベースグレードはXになります。ベースグレードのXが最も安く購入することができ、グレートが上がると装備も追加されていきます。

ここではベースグレードのX。中間グレードのG”S”。上級グレードのカスタムG”S”をご紹介します。

ベースグレードX

タンクベースグレードXの画像です
画像出典トヨタ公式
Xの基本装備
  • ハロゲンランプ
  • 助手席側パワースライドドア
  • ウレタンステアリングホイール
  • 2スピーカー
  • LEDリヤランプ
  • アナログメーター(単眼)
  • マニュアルエアコン(ダイアル式)
  • 14インチスチールホイール
  • SRSエアバッグ

ベースグレードの基本装備です。

価格は1,463,400円で、全グレード中1番安く購入できます。

非常にシンプルな内装となり、ビジネス感が強い印象を受けます。メーターもアナログ式です。

パワースライドドアは後席左側のみの装備となっております。両側には装備されておりませんので、注意してください。

必要最低限の装備ですが、なんといっても販売価格が安いのが魅力ですね。

最低限の装備で十分という方にはベースグレードのXがオススメです。

中間グレードG”S”

タンク中間グレードGSの画像です
画像出典トヨタ公式
G”S”の追加装備
  • スマートアシストⅡ
  • オプティロンメーター
  • オートエアコン
  • 両側パワースライドドア
  • クルーズコントロール
  • 4スピーカー

中間グレードG”S”は、ベースグレードのXから装備が追加されます。

販売価格は1,684,800円です。

ベースグレードにはなかったオートエアコン、クルーズコントロールと便利な機能が装備されます。

また内装の質感も向上してます。

スマートアシストⅡ(衝突回避支援システム)、両側パワースライドドアなど一通り欲しい機能が装備された、バランスのよいグレードです。

上級グレードカスタムG”S”

タンク上級グレードカスタムGSの画像です
画像出典トヨタ公式
カスタムG”S”の追加装備
  • オートエアコン
  • クルーズコントロール
  • スマートアシストⅡ
  • 両側パワースライドドア
  • 14インチアルミホイール
  • フロントグリルメッキ
  • メッキバックドアガーニッシュ
  • LEDヘッドランプ
  • LEDフォグランプ
  • 本革巻きステアリング
  • 6スピーカー
  • 専用シート表皮(撥水機能付)
  • フロントスポイラー

上級グレードカスタムG”S”の追加装備です。販売価格は1,836,000円

G”S”にはなかったLEDヘッドランプの変更、LEDフォグランプ、アルミホイールなど見た目が華やかになる装備が追加されます。

追加装備が多い分、金額も諸経費込みで200万円以上と高額になります。デザインを求めなければ、中間グレードのG”S”で十分かもしれません。

デザイン性と充実した装備が欲しいという方は、上級グレードのカスタムG”S”はオススメです。

タンクのライバル車

ライバル車のイラストです

新車購入の商談をするとき、気になるのは車の値引き額です。

安く購入するには、ライバル車との値引き競争させる方法が効果的です。

商談で値引き額が拡大したら、その金額を相手の営業マンに伝え、さらに値引きを狙います。セリにかけるように繰り返して、値引き額を拡大させましょう。

タンクの場合、同じコンパクトカーのライバル車を競争させるといいですね。

値引き競争のライバル車には、ボディのタイプ・サイズ・価格などが似ている車を競争車種とします。

ライバル車

  1. ソリオ
  2. ルーミー

ソリオ

スズキソリオの画像です
画像出典wikipedia
【ソリオ】基本情報
メーカー スズキ
販売時期 2015年8月
燃費 国土交通省審査値27.8km/ℓ
排気量 1242cc
燃料タンク 32ℓ
車両重量 950kg
エンジン 直列4気筒DOHC
車のタイプ コンパクトカー
乗員定数 5人乗り
ナンバーの種類 5ナンバー
新車価格 145万円~212万円

ソリオは値引き競争に効果的な相手です。

全長、全幅ともに小さく収まっており、コンパクトカーのなかでも最小クラスのサイズです。

ボディの重さが1トン未満と軽量に作られており、機動性にも余裕があります。また燃費性能にも優れているのが特徴です。

タンクと直接的なライバル車になります。ぜひ値引き競争させましょう。

ルーミー

トヨタルーミーの画像です
画像出典wikipedia
【ルーミー】基本情報
メーカー トヨタ
販売時期 2016年11月
燃費 国土交通省審査値24.6km/ℓ
排気量 996cc
燃料タンク 36ℓ
車両重量 1070kg
エンジン 直列3気筒DOHC
車のタイプ コンパクトカー
乗員定数 5人乗り
ナンバーの種類 5ナンバー
新車価格 146万円~200万円

ルーミーは同じトヨタが販売している、タンクの姉妹車です。

フロントマスクなどの違いがありますが、基本的にタンクと同じ車です。

メーカーは同じくトヨタですが、ルーミーとは販売店の系列が異なります。比べてみるとフロントマスク以外は、本当にそっくりですね。

ルーミーの取り扱い販売店はトヨタ店・カローラ店で、タンクの取り扱い販売店はトヨペット店・ネッツ店になります。

販売店が異なればライバル同士になるため、値引き競争ができます。

姉妹車は基本的に同じクルマですので、条件がいい方を選ばれてもいいですね。

タンクの口コミ・評価

口コミのイラストです

ルーミーの口コミに関してですが、カーセンサーの口コミを参考に抜粋してみました。

しっかりとした会社が運営しており、たくさんの利用者がいるので口コミも参考できる内容となってます。

室内空間が広々していて、ゆったり乗れてくつろげます。

また、前後席がウォークスルーであり、両側スライドドアが採用されているので楽に乗降ができます。

高齢の両親も安心して乗降できると喜んでおり、病院送迎に大活躍しています。

スポーティーで格好いいです。スライドドア、低床フロアなので乗降しやすいです。シートアレンジで自転車を積載できる室内に満足しています。

私が所有しているのはNA車です。 背が高い車体にパッソ等と同じの1000ccのエンジンは非力に感じます。

ライバル車のソリオが1200cc+モーター(グレードによる)なので、走行性能では劣っています。

デザインや機能性が気に入ってる方が多いみたいですね。特に使い勝手のよい両側スライドドアは好評です。

運転性能を求めるクルマではありませんが、エンジンのパワー不足が指摘されています。走りを楽しみたい方には少々物足りないようです。

余裕のある運転をしたい方は、ターボ車がオススメです。

しかしターボ車はノーマルエンジンに比べると、ノイズが気になるかもしれません。

運転性能に関しては、購入前に1度試乗をして確認した方がいいですね。

まとめ

タンクまとめのイラストです

タンクの特徴と、購入の参考となるポイントについてご紹介しました。

タンクは使い勝手のよい機能が充実した、実用性重視のクルマです。

安価なベースグレードから、デザイン性の高い上級グレードまで幅広く選択できるのも魅力です。

ぜひご自分の使用目的に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ