車を売る

車はディーラーの下取りに出すべき?下取りのメリットとデメリット

ディーラー下取りの画像

車の売却を検討し始めると、

「車を売るならディーラーの下取りがいいのかな?」

「それとも別のところで売った方がいいのだろうか?」

と迷ったりしませんか?

車を売却する手段として、ディーラーの下取りは非常にメジャーな方法です。しかし車の売却方法はディーラーの下取り以外にもあるので、迷うところですよね。

そこでこのページでは、「ディーラー下取りのメリットとデメリット」についてまとめてみました。

これからディーラーの下取りを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ディーラー下取りのメリット

メリット画像

ディーラー下取りのメリットとして、以下の3つがあります。

  1. 車の購入と売却までの手続きを一本化できる
  2. 納車されるまで乗り続けることができる
  3. 古い車でも値段がつきやすい

①:車の購入と売却までの手続きを一本化できる

ディーラー下取りのイラスト

ディーラー以外のところで車を売却した場合、売却手続きと車の購入手続きは別々に行うことになります。

僕もディーラー以外で売却したことあるのですが、別々手続きするのってそれなりに手間がかかるんですよね。売却するにも購入するにも、たくさんの書類を使って手続をします。

それをディーラーで下取りをすると、売却・購入の手続きをディーラーだけで完了できるので、手間がかかりません。

移動もディーラーに行くだけで大丈夫ですし、面倒な手続きも全部ディーラーがしてくれるので非常にラクチンです。

②:納車されるまで乗り続けることができる

新車が納車されるまで車を乗り続けることができるのも、下取りの強みです。

買取専門店に車を売却をすると、納車されるまで車がない期間が発生する可能性があります。

買取専門店では基本的に「すぐにでも売ってください」、というところがほとんどです。理由は納車まで待っていると、価格が下落するリスクがあるからですね。

そのため車がない期間は買取店で代車を借りるなり、レンタカーを利用する必要があります。

しかし、ディーラーでは価格が下がることも含めて査定額をきめていますので、「すぐに売ってください」とはならず、納車まで乗り続けることができます。

数日でも車がないと困る、という人には大きなメリットですね。

③:古い車でも値段がつきやすい

買取店では査定額がつかないような古い車でも、下取りでは値段がつきやすいです。

ディーラーとしては新車を売りたいので、新車購入のキッカケにもっていくことができるなら、例え古い車でも下取りしてもらえるケースもあります。

「下取りで値段がつくならここで購入しようかな?」ってなりますよね。

ディーラーで車を購入することが前提となりますが、走行距離が多い車や年式が古い車でも、最低数万円の査定額がつくこともあります。

不動車などあまりにも状態の悪い車は、ディーラーでも査定額がつかないこともあるので、絶対に値段がつくわけではありません。

ディーラー下取りのデメリット

デメリット画像

ディーラー下取りのデメリットは以下の3つです。

  1. 査定額が低くなる傾向がある
  2. 売却して手に入れたお金は自由に使えない
  3. 実際の下取り価格が分かりづらい

①:査定額が低くなる傾向がある

ディーラー下取りの最大のデメリットです。下取りは買取専門店に比べ、査定額が低くなる傾向があります。

ディーラーはあくまでも新車を売るところなので、車を引き取ったあとの再販ルートが弱いです。買取専門店と違い、中古車の販売を得意としておりません。

下取りでは「在庫の管理コスト」と「価格の下落リスク」が発生する

ディーラーの仕組みイラストです

ディーラーの下取りでは、引き取った車は担当地域の展示場で販売するため、「在庫の管理コスト」が必要です。

また展示場の中古車は、すぐに売れるものではありません。そのため、長く展示するほど「価格の下落リスク」も発生します。

下取りの査定額には「在庫の管理コスト」「価格の下落リスク」の分まで含まれているので、下取りの査定額は低くなる傾向があるという訳ですね。

買取専門の方が高い査定額を提示しやすい

買取店の仕組みイラストです

対して買取専門店は豊富な再販ルートを持っており、買取した車はすぐにオークションを使って需要があるところへ販売します。

ディーラーと違い基本的に在庫を抱えません。

「在庫コスト」と「価格の下落リスク」はディーラーに比べて低いということですね。

また買取に強い業者は、国内では需要が低い車でも、需要がある海外へ輸出することで利益をだせます。

そのため、買取店はディーラー下取りよりも高い査定額を提示しやすいという訳です。

②:売却して手に入れたお金は自由に使えない

下取りはディーラーで車を購入することが前提となっているため、下取りで得たお金はそのまま車の購入費に充てられます。

下取りで手に入れたお金は、ディーラーで購入する車以外につかうことができず、現金化することができません。

しかし買取専門店で売却した場合は、一度現金になるためお金の使い道が自由です。

ディーラーで車の購入を検討している人にはたいしたデメリットではないと思いますが、ディーラー以外で車を購入したいとなると、現金化できず自由がききません。

下取りで得たお金は、他のお店では使えないので選択の幅がせまくなります。

③:実際の下取り価格が分かりづらい

ディーラーで下取りをするときは、「下取り」と「車両の値引き交渉」が同時に行われます。

そのため下取り価格と車両の値引きがあいまいになりやすいので、ディーラー側が有利になるように交渉されやすいです。

下取り価格を大きく見せる

ディーラー下取り

上記の例ですと、車両値引きを抑えて、下取り価格を大きくみせることでお得感を出すことができます。

「車両はこれ以上値引きできませんが、下取りで頑張らさせていただきます!」って言われたら、そうなのかって思いますよね。

車両値引きを大きく見せる

ディーラー車両値引き

逆に車両値引きを大きく見せて、下取り価格を抑えることもできます。

しかし実際は、下取りと車両値引きの総額は同じです。

ディーラー側で金額を自由に調整することができるので、実際に下取りがいくらだったの分かりづらくなりますね。

きちんと把握するためにも、交渉のときは車両値引きと下取り価格は分けてもらいましょう。

ディーラー下取り まとめ

ディーラー下取りの画像

下取りは「査定額が低くなりやすい」という大きなデメリットもありますが、買取専門店と違うとことは、ディーラーとの今後のお付き合いがしやすいことです。

車は購入して終わりではありせん。購入後はメンテナンスや整備が必要となります。トラブルが起きたときは、ディーラーに安心して任せることができるでしょう。

手間をかけたくない人や、ディーラーとの信頼関係を築きたい人は、ディーラーの下取りが良いと思います。

逆に「下取りではなく買い取って欲しい」「なるべく高く売りたい!」という人は、買取専門店で査定を受けることをおすすめしています。

ディーラーも買取専門もそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分の目的に合わせて賢く車を売りましょう。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ