車の購入

新車を買う前に知っておきたい!【メリット・デメリットまとめ】

車の購入を検討しはじめると、「新車」「未使用車」「中古車」の3つから選択することになります。

新車・未使用車・中古車にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、3つのうちどれを購入するかは、しっかりと考えて判断したいところです。

このページでは、新車のメリットとデメリットについて解説していきます。

車の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

新車を買うメリット

メリットの画像
  1. 保証が手厚くトラブルが少ない
  2. 購入後は整備費の負担が少ない
  3. 自分の好みの車に仕上げられる

保証が手厚くトラブルが少ない

新車は車両の状態が良いので、購入後にトラブルが起きることはめったにありません。

また、新車を購入するとメーカー保証がついてきますので、万が一故障が起きたとしても、保証期間中なら無償で修理を受けることができます。

3年または6万キロが保証期間の対象で、販売店によっては5年に延長することも可能です。

大抵の問題は手厚い保証がカバーしてくれますので、安心して乗ることができますね。

購入後は整備費の負担が少ない

新車を購入してからの3年間は、クルマの整備費はほとんどかかりません。

部品交換をする必要がないため、整備費はオイルなどの消耗品くらいです。

また、車検は通常2年に1度受けないといけませんが、新車の場合は最初の車検のみ、3年後まで車検を受けなくても大丈夫です。

最初の車検は交換部品が少ないと思いますので、車検費用も高くなることはないでしょう。

自分の好みの車に仕上げられる

新車の場合、注文時に好きなグレード・オプション・装備・ボディカラーが選択できます。

インテリアやエクステリアも細かくカスタマイズできますので、自分の好みの車を注文することが可能です。

新車購入のときにしか選べないオプションもあるため、中古車にはないメリットといえます。

オリジナルの車を注文できるのは、新車のみの特典ですね。未使用車・中古車は、すでに製造された車しか選択できません。

新車を買うデメリット

新車のデメリットの画像
  1. 値引き交渉により金額が大きく変わる
  2. 納車までに時間がかかる
  3. 過去のモデルは購入できない
  4. 購入費が高い

値引き交渉により金額が大きく変わる

新車の場合、購入する前に値引き交渉をする習慣があります。値引き交渉しだいで同じ車種・同じグレードでも、人によって数万円~数十万円の差がでます。

同じ商品なのに、支払い金額は同じではないです。

商品が高額なだけに支払い金額に大きな差がでることもありますので、不平等感を感じるかもしれません。

納車までに時間がかかる

新車は契約してから納車までに、通常1ヶ月ほど時間がかかります。

在庫があれば1~2週間ほどで納車されますが、人気車では2ヶ月ほどかかることもあるので、契約後すぐに車に乗ることはできません。

納車されるまでの時間を楽しみに待つこともできますが、すぐにでも車が必要という人にはデメリットになるでしょう。

すでに在庫として存在する「未使用車」「中古車」は1~2週間ほどで納車されます。

過去のモデルは購入できない

新車は基本的に受注生産をしています。注文を受けてから工場で作りますので、現在発売されているモデルのみ購入できます。

そのため、欲しいモデルの生産が終了していた場合は、残念ながら新車では購入できません。

新車で購入できないモデルは、中古車で探すしかありませんね。

購入費が高い

新車で1番の問題ともいえるが、購入費が高額になることです。

安い軽自動車でも100万円近くしますので、若い方が新車を購入するとなると金銭的にハードルが高いです。

中古車に比べると高額な出費になってしまうのが、悩みになりますね。

できるだけ安く購入したい人は、「新車を安く購入できる時期」を狙ってみてください。

あわせて読みたい
買い替えの画像
車の買い替えは何月がお得? 3月・9月が特に狙い目になる理由車を購入するなら、何月が安く買えるのだろう?―― 車の買い替えを検討しはじめると、いつ車が安く買えるか気になりませんか? 実...

まとめ

新車のメリットとデメリットの画像

価格の安さを求めるなら中古車が良いですが、中古車には当たり外れがありますので、新車ほどの安心感はありません。

しかし、新車は価格が高いですが、「手厚い保証」「少ないトラブル」「オリジナルの車」に乗ることができます。

また、オリジナルの車に初オーナーとして自分が乗る瞬間は、新車でしか味わえないワクワク感があります。

僕もはじめて新車を購入したときは、すっごくワクワクドキドキしながら納車を待ちました。

基本的に欲しい車が予算内に収まっているなら、新車を購入してもいいと思います。

予算内に収まらない場合は、「未使用車」「中古車」も検討してみるといいでしょう。

車は高額な買い物になるため、じっくり比較をしながら、自分に合った車選びをしてみてくださいね。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ