書類

車庫証明の手続き方法は?自分で手続きするための必要な書類と流れ

車庫証明手続きの画像

車を購入が決まれば、車の保管場所を証明するための「車庫証明」の手続きが必要です。

車庫証明はディーラーなどの販売店で、手続きを代行してもうこともできますが、代行手数料が10,000~15,000円ほど費用が発生します。

しかし、自分で手続きをすれば3,000円ほどしか費用はかかりません。代行してもうと手間もかからず楽ですが、できれば費用は抑えたいですね。

そこでこのページでは、自分で車庫証明の手続きをするための方法についてご紹介します。

これから自分で車庫証明を取得する人は、ぜひ参考にしてください。

車庫証明の手続きをする前に

チェックポイントの画像

車庫証明を申請できる条件

車庫証明の手続きをする前に、申請できる条件を確認しておきましょう。

車庫証明を申請するには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 拠点の住所から駐車場まで「直線距離で2キロ以内」であること
  2. 駐車場に車両全体が収納できること
  3. 道路から問題なく出入りできること
  4. 駐車場を使用できる権限があること

①拠点の住所から駐車場まで「直線距離で2キロ以内」である

実質距離ではなく直線距離で計測します。駐車場が拠点の住所から2キロ以上離れていると、申請が通りません。

②③駐車場に車両全体が収納できる・道路から問題なく出入りできる

駐車場として最低限の条件です。この条件を満たせない駐車場は契約しても申請が通りませんので、別の駐車場と契約した方がいいでしょう。

④駐車場を使用できる権限がある

駐車場を自分で所有しているか、所有者から正式に借りているなら問題ありません。「使用許可されてない駐車場」を勝手に申請してはダメってことですね。

買い替えで前の車があるとき

注意しておきたいのが、車の買い替えで「前の車がまだ駐車場にある」ケースの時です。

車庫証明を申請すると後日、警察の人が駐車場を確認しにくるので、前の車があると申請が通りません。

その場合は申請書に「前の車のナンバー」を記入しておき、警察の人に「買い替えのため、まだ前の車が駐車場にあります。」と事前に説明しておくといいでしょう。

あらかじめ説明しておくことで、間違えがおきずに車庫証明を発行してもらえます。

手順①:車庫証明に必要な書類等を用意する

封筒の画像

必要な書類等は以下の3つです。

手続きに必要なもの
  1. 車検証のコピー
  2. 印鑑(認印)
  3. 申請に必要な書類一式

【1】車検証のコピーを用意する

車庫証明の手続きをするには、車検証に記載されている情報が必要になります。販売店に車検証のコピーを用意してもらい、手元に準備しておきましょう。

【2】印鑑を用意する

印鑑は認印でOKです。

実印を用意する必要はありませんが、シャチハタは認められませんので注意してくださいね。

【3】申請に必要な書類一式

申請に必要な書類一式は管轄の警察署窓口、もしくは車の販売店で手に入ります。

また警察署によっては、ホームページからも書類のダウンロードが可能です。しかし、1つだけ4枚つづりの書類があるので、直接とりにいった方が確実かもしれません。

車庫証明の手続きは、警察署の交通課窓口で申請できます。

警察署の窓口は平日の9~17時頃までしか開いておりません。土日は受付してませんので、注意してくださいね。

保管場所が自分の所有地の場合

駐車場が自分の所有地の場合に必要となる書類です。必要になる書類は全部で3点です。

保管場所が家族の所有地・賃貸駐車場の場合

駐車場が自分の所有地ではなく、賃貸駐車場にある場合に必要となる書類です。

こちらも必要になる書類は全部で3点です。

手順②:自宅で申請書を記入する

申請書を手に入れたら、次は書類を記入しましょう。分かりやすいように記入例を作成しておきましたので、参考にしてください。

なお基本的に申請書の内容は同じですが、地域にによって書式が異なります。内容に若干の違いがありますので、あらかじめご了承くださいませ。

自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書の記入例画像
  1. 【車名・型式・台車番号・車の大きさ】車検証から書き写しましょう。
  2. 【自動車の使用の本拠の位置】実際に住んでいる場所の所在地を記入します。
  3. 【自動車の保管場所の位置】駐車場の住所を記入します。
  4. 【住所・氏名・電話番号・捺印】住民票の住所を記入しましょう。
  5. 【所有形態】駐車場の所有形態についてです。該当するところに〇をします。
  6. 【連絡先】所有者の連絡先を記入します。

保管場所の所在図・配置図

保管場所の所在地・配置図の画像
  1. 【所在地】自宅から駐車場までの位置が分かるように地図を作成、または地図のコピーを貼りつけます。地図のコピーを貼りつける方が簡単です。
  2. 【配置図】駐車場内の幅、長さ、道路、出入口が分かるように記入します。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)

保管場所使用権原疎明書面(自認書)記入例の画像
  1. 【証明申請・届出】普通車・小型車は証明申請に。軽自動車は届出に〇してください。
  2. 【土地・建物】車庫が建造されている場合は、土地・建物の両方に〇をつけます。
  3. 【住所・氏名・電話番号・捺印】記入して押印します。

保管場所使用承諾証明書

保管場所使用承諾証明書記入例の画像
  1. 【保管場所の位置】駐車場の住所を記入します。
  2. 【使用者】住所・電話番号・氏名を記入します。
  3. 【使用期間】月極の駐車場なら、駐車場の契約期間を記入。契約期間が特にないなら2年と記入しておけば大丈夫です。仮に2年以上駐車場を使用しても特に問題はありません。
  4. 【使用承諾】駐車場の所有者、または管理委託者に記入と捺印してもらいます。

手順③:申請書を持参して警察署に提出する

警察署の画像

書類の記入が完了したら警察署窓口まで書類を持参して、窓口で手数料を約2,000円ほど支払います。

書類の訂正があれば印鑑が必要になるため、印鑑も持っていくと安心です。

書類に不備がなければ「納入通知書兼領収書」が手にはいりますので、大切に保管しておきましょう。納入通知書兼領収書は後日、車庫証明書を受け取るときに必要です。

車庫証明書は発行されるのに4~7日程かかるため、後日改めて警察署に受け取りにいきます。

受取日については警察の人が教えてくれますので、指定された日以降に受け取りに行きましょう。

手順④:車庫証明書が発行されたら窓口まで取りに行く

受取日になったら再び警察署まで足を運び、納入通知書兼領収書を窓口に提出します。

保管場所標章(シール)の手数料として約500円を支払い、以下の3つの書類等を受け取ります。

  1. 車庫証明書
  2. 保管場所標章番号通知書
  3. 保管場所標章(シール)

車庫証明書

車庫証明書を入手した後は、販売店に渡し運輸支局に提出をするのが一般的です。車を登録するのに必要になります。

個人売買をする方は、自分で陸運支局まで登録しに行く必要があります。販売店で購入した方は、販売店に提出するだけで大丈夫です。

保管場所標章番号通知書

使用者が保管する書類です。車検証と一緒に保管しておきましょう。

保管場所標章(シール)

手に入れたシールは車のリアガラスにはる義務があります。リアガラスの良く見える位置にシールをはりつけておきましょう。

車庫証明書、保管場所標章番号通知書、保管場所標章が入手できたので、これで手続きは完了です。

まとめ

車庫証明手続きの画像

車庫証明は難しいように思えますが、実際に手続きをしてみると意外とかんたんにできます。

手続きはかんたんなのですが、平日に警察署まで2~3回足を運ばないといけないのが大変ですよね。

忙しくて時間がどうしてもとれないという方は、やはり販売店に代行してもらうのがいいかと思います。お金はかかりますが、面倒な手続きはすべて任せられます。

時間を確保できる方は、費用が10,000円ほど安くなりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ