書類

車検証を無くしちゃった!~再発行に必要な書類と手続き方法まとめ~

車検証の再発行の画像

あれ!?車検証が無い!

保管していたはずの車検証を紛失してしまった・・・となると困りますよね。

車検証を不携帯のまま公道を走行すると、道路運送車両法違反で罰則が下されます。その他に車を売却するときも、車検証がないと売ることができません。

車検証がないと困ることしかないですね。紛失してしまった場合は、すみやかに再交付しましょう。

本ページでは、「車検証の再発行に必要な書類、費用、手続き方法」を一通りまとめました。

車検証の再交付が必要な方は、ぜひ参考にしてください。

車検証の再交付に必要な書類と費用

免許証と鍵の画像

普通車と軽自動車では、再交付に必要な書類が違います。普通車の方が必要な書類は多いですが、簡単に用意できますので安心してください。

再交付の手続きをするためにも、まずは必要な書類を用意しましょう。

普通車の場合

普通車の必要書類
  1. 理由書
  2. 印鑑(認印で大丈夫です)
  3. 身分証明書(運転免許証・保険証など)
  4. 申請書(当日窓口で手に入ります)
  5. 手数料納付書(当日窓口で手に入ります)

場合によっては必要な書類

  • 委任状(代理人が手続きをする場合)

申請書と理由書に「ナンバープレート番号」と「車台番号(車体番号)」の記入があります。

車台番号は自賠責保険証に記載されてますので、事前に確認してメモをとるようにしてください。

自賠責保険証を紛失した場合は、加入している保険会社に連絡すれば、無料で自賠責保険証を再交付してもらえます。

軽自動車の場合

軽自動車の必要書類
  1. 印鑑(認印で大丈夫です)
  2. 自動車検査証再交付申請書(当日窓口で手に入ります)

場合によっては必要な書類

  • 委任状(代理人が手続きをする場合)

手続きの当日、申請書に「ナンバープレート番号」を記入します。こちらも事前に番号をメモしておきましょう。

再発行にかかる費用は?

自分で手続きする場合

  • 再交付申請手数料:300円
  • 申請書用紙代  :100円程

行政書士(代書屋)に代行してもらう場合

  • 代行手数料:3,000~10,000円

行政書士に手続きを代行してもらうこともできますが、自分で手続きをした方が圧倒的に安く再発行することができます。

再発行の手続きは簡単ですが、手間をかけたくない方は行政書士に代行してもらう方がいいかもしれません。

自分で手続きをするとその分お金が浮きますので、手間をかけても大丈夫な方は自分でチャレンジしてみましょう。

必要な書類等をそろえる

理由書

理由書記入例の画像

車検証を紛失した理由を記入するための書類です。使用者の「認印」の押印が必要です。記入例を作成しておきましたので、記入の参考にしてください。

なお軽自動車の場合は必要ありません。

・理由書をダウンロード

委任状

委任状は所有者本人以外が手続きをするときに必要です。

もし本人が手続きに行くことができない場合は、代理人が委任状を預かり代わりに手続きをします。

委任状には所有者の「認印」が押されたものを用意すれば、代行可能となります。

・委任状をダウンロード

・委任状の記入例

車検証の再発行までの手続き方法

運輸支局の画像

必要な書類が用意できましたら、次は再発行の手続きを進めていきます。

手続きは使用者の管轄する運輸支局等で行います。例えば品川ナンバーなら東京運輸支局ですね。管轄外では手続きができませんので、気を付けてください。

また普通車と軽自動車では手続きにする場所が違うため、あらかじめ場所と受付時間の確認をしておきましょう。

普通車

軽自動車

運輸支局は受付時間は平日の16時迄です。土曜、日曜、祝日は業務を行っていないので注意してくださいね。

平日に行けない方は、家族や友人などの代理人に手続きしてもらうのも一つの手です。

手続き自体は難しくありませんので、信用できる人に頼んでみましょう。

なお、基本的な手続きの手順を紹介しますが、地域によっては若干の違いがある場合もあります。

【1】運輸支局(軽自動車検査協会)で用紙を取得する

普通車
「手数料納付書」「申請書」を運輸支局の窓口で受け取ります。

軽自動車
「自動車検査証再交付申請書」を軽自動車検査協会の窓口で受け取ります。

記入例がありますので、サンプルを参考にしながら記入していきましょう。

【2】再交付の手数料を支払う

普通車
窓口で再交付申請手数料の印紙(300円)を購入し、「手数料納付書」に貼り付けてください。

軽自動車
窓口で車検証の再交付手数料300円を支払います。

【3】書類一式を提出する

記入した書類一式を運輸支局(軽自動車検査協会)の窓口に提出します。

【4】新しい車検証を受け取る

書類に不備がなければ新しい車検証が交付されます。車検証の内容にミスがないか確認しましょう。

問題がなければ車検証の再発行は完了です。

車検証の再発行 まとめ

車検証の再発行の画像

車の手続きって難しいように思えるかもしれませんが、車検の再発行をするだけなら意外と簡単にできます。

必要な書類も少ないし、手続きも難しくありません。

平日に時間がとれない方は代行を利用した方がいいかもしれませんが、時間が作れる方は節約のために自分でチャレンジしてみてもいいですね。

車検証がないと困ることしかないので、紛失した場合は早めに再発行しましょう。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ