車を売る

車検残りはプラス査定になる?車検後すぐに売却すると損する理由

車検残りの画像

車の売却を検討しはじめたら

  • 車検の有効期限って査定額に影響があるのかな・・・?
  • もうすぐ車検が切れそうなんだけど、車検を受けてから売却した方がいいのかな?

と疑問に思いませんか?

車検を通してから売却するか、そのまま売却するか迷う人も多いかと思います。

車検の残りで査定額に影響があるか、気になるところですよね。

そこでこのページでは、「車検の有効期限で査定にでる影響」と「査定前に車検を受けるべきか」について解説していきます。

車の売却を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

車を売る時は車検の残りで査定額が変わる?

査定額の画像

車検の有効期限が4ヶ月以上残っているか

結論から言いますと、車検の有効期限が4ヶ月以上だとプラス査定になります。

中古自動車査定士技能検定を実施している「日本自動車協会(JAAI)」によって定められた基準では、車検の有効期限が4ヶ月以上から査定の加点となります。

そのため4ヶ月以上残っている場合は、査定額アップにつながりやすい傾向があるという訳ですね。

有効期限が1年以上残っているケースでは、査定額は数万円程のプラスとなります。車検が残っているほど、査定額のアップが期待できるでしょう。

車検の有効期限が3ヶ月以内なら

車検の有効期限が3ヶ月以内の場合は、プラスにもマイナスにもならず評価はゼロになります。

なぜなら有効期限が3ヶ月以内だと次の購入者が敬遠しやすく、買取業者が転売するまでに在庫を抱えるリスクがあるからですね。

とはいえ、査定にマイナスの影響を与えるわけではありません。

むしろ車検はなるべく残さない方が損をしないため、有効期限が短いほどお得になります。

車を売る前に車検を受けるべき?

車検を受けるべき?画像

車を売る時に車検切れが近い場合

車検切れが近いときは、車検を受けてから売却した方がいいのか、そのまま売却した方がいいのか悩みますよね。

車検を受けてから売却した方が、査定額もあがりそうです。

しかし車検切れが近い場合は、車検を受けずにそのまま売却した方がお得になります。

理由として車検を受ける費用より査定額アップの方が少ないので、無理に車検を受けてから売却する必要ないからです。

車検を通すと損をする理由

基本的に車検費用と査定額の関係は、以下のようになります。

  • 車検費用>査定額アップ

ほとんどの人が車検を受けるには、車業者に依頼しているかと思います。

車検を受ける費用は10数万円前後になりますが、車検費用のなかには工賃などの業者の利益が含まれていますので、原価から上乗せされた価格になります。

しかし買取業者は自社整備工場を保有、もしくは提携していますので車検費用を安く抑えることができ、ほぼ最安値で車検を通せます。

一般の車検

  • 車検費用+車業者の利益

買取業者の車検

  • 車検費用のみ

そのため買取業者にとって車検の価値はそれほど高くないので、車検費用以上に査定額が上がることはありません。

車検を受ける費用から考えると、基本的に車検は残さない方がお得になりますね。

わざわざ車検を受ける必要はありませんので、そのまま査定してもらいましょう。

まとめ

車検残りの画像

車検切れが近い場合は、わざわざ車検を受ける必要はありません。

車検の残りは査定額に大きく影響のでるのもではないので、車検の残りの日数にこだわらなくて大丈夫です。

また車の価値は年式とともに下がっていきます。そのため車検の残りに関係なく、自分の売りたいタイミングで売却するのがベストでしょう。

価値が下がる前に早めに売却したいですね。

車を高く売る方法を別記事でまとめましたので、あわせてご参考くださいませ。

あわせて読みたい
車を高く売るコツ画像
損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説車を高く売りたい!でもどうすればいいのだろう?ーー 車の売却を検討しはじめると、多くの人が疑問に思うことだと思います。 愛車...

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ