車を売る

車が高く売れる人気の色は?査定額にボディカラーが影響する理由

車のボディカラーの画像

査定を受けようとしたら

「車のボディカラーで査定額が変わったりするのかな?」

と疑問に思いますよね。

実は同じ車種・年式・走行距離・グレード・車の状態が似ていても、ボディカラーが違うだけで、査定額が10万円以上の差が開くことも珍しくありません。

車のボディカラーが人気色の場合、需要があるので査定額が上がります。

それだけ査定において、車のボディカラーって重要ですなんですね。

このページでは、「査定額が上がるボディカラーは何色か?」「ボディカラーで査定でどれくらい影響があるか」について解説していきます。

ボディカラーは査定でどれくらい影響がある?

色々な車の画像

査定額アップの鉄板の人気色

査定においてプラスとなるボディカラーは、黒、白(パールホワイト)の2色です。

塗装業界の大手コーティング会社である、アクサルタコーティングシステムズ社が発表した「世界の自動車人気色調査(2016年)」では以下の様な結果がでました。

世界全体でのボディカラーの需要

  • 1位:ホワイト・パールホワイト(37%)
  • 2位:ブラック(18%)

日本国内でのボディカラーの需要

  • 1位:ホワイト・パールホワイト(34%)
  • 2位:ブラック(22%)

黒と白の2色は年齢・性別関係なしに一定の人気があります。日本国外でも需要が高く、海外への中古車の輸出でも好まれるボディカラーです。

人気があるということ「買取した後にすぐに売却しやすい」ということですね。そのため、黒と白の2色は絶対的な需要があります。

黒・白の人気色の車と、不人気色の車を同じ条件(車種・走行距離・年式など)で比べた場合、おおよそ以下の差がでます。

  • 軽自動車:数万円程
  • 200万円台の車:10~20万円程
  • 500万円以上の車:30~50万円程

車の価格が高いほど、ボディカラーでの査定額に大きく差がでますね。黒・白はプラス査定が期待できます。

無難でベースとなる色

最も無難でベースとなる色がシルバー(銀色)です。人気色と不人気色の中間で、基準ともいえるボディカラーです。

「世界の自動車人気色調査(2016年)」では以下の様な結果となりました。

世界全体でのボディカラーの需要

  • 3位:シルバー&グレイ(22%)

日本国内でのボディカラーの需要

  • 3位:シルバー(13%)

定番のボディカラーで、査定においてプラスにもマイナスにもならない色です。汚れが目立ちづらく、手入れのしやすさから国内・海外でも一定の需要があります。

個性を主張する原色系

赤・青・黄・緑といった原色系は人気が低いボディカラーとなります。

原色系のボディカラーは個性的でオシャレではありますが、残念ながら中古車市場において人気は高くありません。

需要が低いため、悲しいことに査定額が低くなる傾向にあります。査定額が思った以上に低い場合は、乗りつぶすのもいいかもしれません。

しかし中古車で購入するときは、不人気色は安く購入できる魅力があります。中古車を購入する場合は、あえて不人気色を狙うのも一つの手です。

また例外として、「フェラーリは赤色!」みたいな強烈なイメージカラーがある車は、その色が人気色になる場合もあります。

人気色に塗り直すと査定額は上がる?

黒色の車の画像

人気色は査定額が高くなることは分かりましたが、それならば「不人気色を黒色や白色に塗り直すと、査定額が上がるのでは?」と思いませんか。

塗り直した方が査定額は上がりそうですよね。

しかし、わざわざ塗り直す必要はありません。ボディカラーを別の色に変えてしまうと、塗装費用以上に査定額が減額される可能性があります。

純正カラー以外に塗り直した場合

「日本自動車協会(JAAI)」によって定められた査定基準を例に、ボディカラーのマイナス金額を紹介します。

1点=1,000円として計算されています。査定のマイナス金額については、以下を参考にしてください。

車の状態 減点 減額
外板のみを塗り替えた
(3,5,78ナンバー)
100点 10万円の減額
純正色以外の特殊色に全塗装した 250点 25万円の減額

あくまでもJAAIの査定基準ですので、買取業者によってはさらに大きく減額をするところもあります。また、高級車はさらに減額が大きくなります。

純正カラーがベスト!

普通車が純正カラー以外に塗り直しをした場合、「わざわざ塗り直したのは過去に大きな修復があったのではないか」と疑われる原因になります。

全塗装は事故があった車に対する処置でもあるため、ボディカラーの塗り直しは基本的に好まれません。

純正カラーの方がいいんですよね。

お金をだして塗り直したのに、塗装費用よりも減額されるとか嫌すぎますよね。査定額アップのために全塗装するのはやめた方がいいでしょう。

そのままのボディカラーで査定を受けてください。

まとめ

車のボディカラーの画像

ボディカラーは新車で購入する時は、ほとんど販売価格に差はありませんが、買取価格には大きく影響します。

今乗っている車が黒・白のボディカラーならラッキーです。査定額のアップを期待できます。

原色系のボディカラーの人は、塗り直しをせずに純正カラーのままで査定を受けてくださいね。

また不人気のボディカラーでも、査定額は買取店ごとに違います。各業者によって評価の違いがありますので、必ず複数の業者に査定してもらいましょう。

車を高く売る方法を別記事でまとめました。あわせてご参考くださいませ。

あわせて読みたい
車を高く売るコツ画像
損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説車を高く売りたい!でもどうすればいいのだろう?ーー 車の売却を検討しはじめると、多くの人が疑問に思うことだと思います。 愛車...

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ