コンパクトカー

【日産】ノートの特徴と4つのメリット!気になるデメリットは?

ノートの画像です

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

でもホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

そこでこのページではノートの特徴を踏まえてメリット、デメリットをご紹介していきます。

ノートのメリット

ノートの画像です
画像出典日産公式

【1】ガソリン車・ハイブリッド車から選択できる

ノートは販売価格が安いガソリン車、燃費性能がいいハイブリッド車の2つのモデルが用意され、使用目的、好みや予算によって選択することができます。

ガソリン車、ハイブリッド車それぞれにメリットがあります。

ガソリン車

エンジンは直列3気筒1,2ℓ、直列3気筒1,2ℓスーパーチャージャー、直列4気筒1,6ℓエンジンの3種類から選択可能。

「ニスモS」グレードのみ直列4気筒1,6ℓエンジンを搭載してます。スーパーチャージャー装着車は、機動性能と燃費性能が向上しており、余裕をもった運転ができます。

販売価格は139~232万円。

ガソリン車は安い価格が魅力。コストパフォーマンスを重視するなら、ガソリン車が割安になります。

ハイブリッド車

パワーユニットは直列3気筒1,2ℓのエンジンに、リーフのモーターを搭載。ノートe-POWER(イーパワー)がハイブリッド車に該当します。

販売価格は190~246万円。

e-POWERはガソリン車より遮音性を向上させ、エンジン動作中も車内が静かになるように対策されてます。

駆動はモーターがするので、加速はなめらかで瞬発力があります。

エコモードを選択するとアクセルペダルを戻すと同時に、回生充電のための減速が始まり、エンジンブレーキに似た制動が発生。

アクセルペダルだけで速度を調節しやすく、ブレーキペダルをほとんど踏む必要がありません。

静かな車内空間に、ガソリン車とは違った運転感覚を楽しめます。

【2】低燃費で経済的

燃費(国土交通省値)
  • ガソリン車18,2~26,4km/ℓ。
  • ハイブリッド車34,0~37,2km/ℓ。

ノートの特徴に高い燃費性能があります。

ガソリン車の2WD標準グレードでは23,4km/ℓと低燃費です。コンパクトカーとしては、燃費性能は十分な水準に達しています。

ガソリン代を節約しやすいので、お財布に優しいですね。

低価格のガソリン車でも燃費性能が優れており、経済的なコンパクトカーといえます。

【3】広い後席でゆったり座れる

ノートインテリアの画像です
画像出典日産公式

高い居住性はノートの強みの1つ。

前輪と後輪の間が2,600mm空いているため、後席の足元にも十分なスペースが確保されています。

身長170cmの大人4人が余裕をもって座ることができ、ライバル車のアクアやヴィッツよりも後席が広いです。

後席を利用する機会が多い方は、同乗者にはゆったりと座ってもらうことができるでしょう。

【4】強化された安全装備

事故などなければ1番よいのですが、万が一の時に安全装備は非常に重要です。

安全装備には標準で装備されているものから、メーカーオプションで選択できる安全装備があります。

標準装備

ノートには「e-POWER S」「NISMO S」のグレードを除き、標準でエマージェンシーブレーキと車線逸脱警報が装備されています。

車両・車線などはすべて単眼カメラで探知しており、緊急自動ブレーキは車両だけではなく歩行者にも対応できます。

緊急自動ブレーキは10km/h~80km/hの範囲内で作動。

しかし60km/h以上では車両・歩行者には作動しませんので、街中でのスピードの出しすぎには注意が必要です。

メーカーオプションセット

より安全性を重視する場合は、メーカーオプションから安全装備を追加できます。

ノートでは4つの安全装備をセットにした、安全装備のセットパッケージがあります。

セットパッケージ
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • インテリジェントルームミラー
  • 踏み間違い衝突防アシスト
  • フロント&バックソナー

メーカーオプション価格は97,200円。

ルームミラーを使った安全装備として、インテリジェントアラウンドビューモニターと、インテリジェントルームミラーがセットになってます。

クルマの真上から見ているような映像をルームミラーに写し、周囲の状況を把握しやすくしてくれます。

駐車が苦手な方は、あると心強い装備ですね。

また走行中にルームミラーをカメラ映像に切り替えることができ、後席に人が座っていても後方の視界が確認がしやすくなります。

セットパッケージを装着することで、より充実した安全装備が手に入ります。

ノートのデメリット|気になる点

【1】内装がシンプル

200万円を超えるコンパクトカーにしては、内装がプラスチッキーな部分が多いです。

標準グレードは本当にシンプルな内装で、インパネ中央だけがピアノブラックに加飾され、まわりはプラスチックです。

好みにもよりますが人によっては物足りないな、と感じるかもしれません。

【2】ラゲッジルームが狭い

ライバル車のアクアやヴィッツよりも荷室は狭いです。後席が広いぶん積載性は劣ります。

後席を広げて使用する場合、荷室の床に段差ができます。

大きな荷物をのせると不安定になるので、使い勝手がよくありません。後席を倒して使用する機会が多い方は、注意が必要です。

ハイブリッド車の駆動バッテリーは前席下に搭載されているので、荷室はガソリン車と同じ容量で使用できます。

しかしサブバッテリーがラゲッジルームの下に設置されているため、床下収納のスペースはありません。

【3】ノーマルエンジンはややパワー不足

1,200ccエンジンは運転感覚が自然ですが、幅広い回転域で動力性能が不足ぎみです。

高速道路の合流や、坂道での走行でもたつきを感じます。

スーパーチャージャー装着車はエンジンを高回転まで回さなくても、日常で使うには十分な動力性能があります。

ノーマルエンジンでパワー不足を感じたら、スーパーチャージャーを検討してみてもいいですね。

まとめ

ノートまとめイラストです

ノートの特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。

ノートは運転のしやすさ、低燃費、高い居住性を備えたコンパクトカーです。

ガソリン車は販売価格が安くコストパフォーマンスが高いですが、ハイブリッド車は静かな車内空間と、新鮮な運転感覚を楽しめます。

それぞれに良さがありますね。

またメリットとデメリットついては、購入前に1度確認することをオススメします。

ぜひご自分の使用目的に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ