個人売買

車の名義変更やり方まとめ~個人売買で必要な書類・手順は?~

名義変更の画像

車の個人売買では契約成立後、名義変更を必要があります。

自分で名義変更をしない場合は「名義変更代行サービス」や「行政書士」に代行を頼むこともできますが、手数料に1~3万円程費用が発生します。

結構高いですよね。自分で名義変更をするとその分お金が浮きますので、手間をかけても大丈夫な方は自分で手続きするのがオススメです。

本ページでは名義変更に必要な書類、手順を一通りご紹介します。

自分で名義変更を検討している方はぜひ参考にしてください。

車の名義変更に必要な書類等

書類の画像

名義変更には多くの書類を使用します。しかし、名義変更の当日窓口で手に入る書類も多いため、実際に用意する書類はそう多くはありません。

慣れない手続きですこし大変に感じるかもしれませんが、1つずつ書類を用意していきましょう。

また、売主と買主で用意する書類も違いますので、間違えないように注意してくださいね。

名義変更はトラブル回避のため、売り手側で手続きすることをオススメしてます。

普通車の場合

売り手側が必要な書類等

売り手側が自分で用意する書類等は、全部で5点です。

自分で用意する書類等

  1. 車検証(自動車検査証)
  2. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  3. 譲渡証明書(旧所有者の実印が必要)
  4. 委任状(旧所有者の実印が必要)
  5. 実印(代理人が手続きする場合は委任状で代用可能)

運輸支局の窓口で手に入る書類

  1. 申請書
  2. 手数料納付書(印紙代は500円程です)
  3. 自動車税・自動車取得税申告書

運輸支局で手に入る書類は、こちらで用意する必要はありません。名義変更の当日、窓口で入手できます。

買い手側が必要な書類等

買い手側が自分で用意する書類は、全部で3点です。

自分で用意する書類等

  1. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2. 車庫証明(発行後1ヶ月以内のもの)
  3. 実印(代理人が手続きする場合は委任状で代用可能)

売り手側で名義変更をする場合は、実印を預けることはできませんので、売り手側に「捺印した委任状」を送ってあげましょう。

一緒に手続きに行く場合は、委任状はいりません。

場合によっては必要な書類等

「住所に変更があった」「名義変更により管轄の陸運局が変更になる」といった場合に必要になる書類等です。

  • 委任状(新所有者の代理人が手続きをする場合)
  • 住民票(住所に変更があった場合)
  • ナンバープレート(管轄が変更になる場合)

軽自動車の場合

売り手側が必要な書類

売り手側が自分で用意する書類等は、全部で2点です。

自分で用意する書類等

  1. 車検証(自動車検査証)
  2. 印鑑(認印で大丈夫です)

軽自動車検査協会の窓口で手に入る書類

  1. 申請書
  2. 軽自動車税申告書
  3. 自動車取得税申告書

軽自動車検査協会で手に入る書類は、こちらで用意しなくても大丈夫です。名義変更の当日、窓口で入手できます。

買い手側が必要な書類

買い手側が自分で用意する書類等は、同じく全部で2点です。

自分で用意する書類等

  1. 住民票または印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2. 認印(代理人が手続きをする場合は申請依頼書で代用可能)

一緒に手続きに行く場合は、印鑑を持参してもらえれば大丈夫です。

しかし売り手側で名義変更をするときは、売り手側に「捺印した申請依頼書」を送ってあげましょう。申請依頼書があれば代理で手続きができます。

なお、軽自動車の場合は住所を証明するために、住民票か印鑑証明書のどちらかが必要になります。

場合によっては必要な書類等

「代理人が手続きする」「名義変更により管轄の陸運局が変更になる」といった場合に必要になる書類等です。

  • 申請依頼書(代理人が手続きをする場合)
  • ナンバープレート(管轄が変更になる場合)

必要な書類をそろえる

名義変更に必要な書類を確認したら、次は書類を準備していきます。

車検証(自動車検査証)

車検証サンプル画像

一般的に車検証は車内に保管しているかと思います。万が一紛失した場合は、運輸支局で再発行しましょう。

参考:車検証を無くしちゃった!~再発行に必要な書類と手続き方法まとめ~

また車検証の有効期限が切れている車を購入した場合は、名義変更前に車検を受けないといけません。

印鑑証明書

印鑑登録証明書のサンプル画像です

印鑑証明書は市町村役場の窓口で発行してもらえます。発行後3カ月以内の印鑑証明書を用意しましょう。

住民票

住民票のサンプル画像です

軽自動車の場合、住所を証明するために必要になる書類です。

住民票は市町村役場の窓口で発行できます。発行後3ヶ月以内の住民票を用意してください。

譲渡証明書

旧所有者の捺印が必要です。捺印は実印を使用してください。

軽自動車の場合は、必要ありません。

譲渡証明書をダウンロード

譲渡証明書の記入例

車庫証明書

車庫証明の画像

車庫証明書は発行後1ヶ月以内のものを用意します。

管轄の警察署で手続きできますので、事前に申請をして発行しておきましょう。

なお車の販売店で代行依頼することもできますが、手数料に10,000~15,000円ほどかかります。

自分手続きをすれば3,000円ほどしか費用はかかりません。費用を節約したい方は、自分で手続きをした方がオススメです。

あわせて読みたい
車庫証明手続きの画像
車庫証明の手続き方法は?自分で手続きするための必要な書類と流れ車を購入が決まれば、車の保管場所を証明するための「車庫証明」の手続きが必要です。 車庫証明はディーラーなどの販売店で、手続きを代行...

委任状

委任状記入例の画像

委任状は本人以外が手続きを行うときに必要です。

本人が手続きに行くことができない場合は、代理人が委任状を預かり、代わりに手続きをします。記入例を作成しましたので、記入の参考にしてください。

  1. 【代理人】手続きをする代理人の氏名と住所を記入します。
  2. 【申請内容】名義変更の場合、移転登録と記入してください。
  3. 【自動車登録番号または車台番号】車検証に記載されてますので、番号を写しましょう。
  4. 【委任者】新所有の氏名・住所を記入、実印を捺印してもらいます。

委任状には委任者の「実印」が押されたものを用意すれば、代行可能となります。実印は印鑑証明書と同じ印鑑を使用してくださいね。

委任状をダウンロード

申請依頼書

申請依頼書記入例の画像

普通車でいうところの委任状にあたります。代理人が手続きする場合に必要な書類です。こちらも記入例を作成しましたので、記入の参考にしてください。

  1. 【代理人】手続きをする代理人の氏名と住所を記入します。
  2. 【申請内容】軽自動車の名義変更の場合、②自動車検査証記入申請に〇をつけます。
  3. 【車両番号・車台番号】ナンバープレートと車検証に記載されている番号を写しましょう。
  4. 【委任者】新所有に氏名・住所、認印を捺印してもらいます。所有者と使用者を間違えないように注意してくださいね。
  5. 【旧所有者】売り手側の氏名・住所を記入して、認印を捺印します。

※旧所有者と新所有者の押印を忘れないようにしましょう。

申請依頼書をダウンロード

ナンバープレート

旧所有者と新使用者の管轄している陸運局が違う場合は、ナンバーの変更が必要です。

軽自動車はナンバープレートを外して、ナンバープレートだけ持ち込んで手続きすることができます。しかし普通車の場合は、運輸支局への車両の持ち込みが必要になるので注意しましょう。

なお希望のナンバーを取得したい場合は、名義変更の1週間程前にあらかじめ申請する必要があります。

  • ナンバープレート代:2,000円程
  • 希望ナンバーの場合:5,000円程

名義変更の手続き方法

運輸支局の画像

必要な書類が用意できましたら、次は名義変更の手続きを進めていきます。

運輸支局は平日の16時までが受付時間です。土曜、日曜、祝日は業務を行っていないので注意してくださいね。

また、普通車と軽自動車では手続きをする場所が違いますので、事前に場所と受付時間の確認をしておきましょう。

普通車

軽自動車

基本的な手続きの手順を紹介しますが、地域によっては順番は前後することもあります。

①運輸支局(軽自動車検査協会)で用紙を取得する

普通車
手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書を窓口で受け取ります。

軽自動車
申請書、軽自動車税申告書、自動車税申告書を窓口で受け取ります。

記入例がありますので、サンプルを参考にしながら記入していきます。

②登録手数料を支払う

運輸支局内の印紙販売窓口で、登録手数料の印紙を購入し「手数料納付書」に貼り付けてください。

印紙の費用は管轄の運輸支局よって違いますが、500~700円程です。なお軽自動車では登録手数料は必要ありません。

③書類一式を提出する

記入した書類一式を運輸支局(軽自動車検査協会)の窓口に提出します。

④新しい車検証を受け取る

書類に不備がなければ新しい車検証が交付されます。車検証の内容にミスがないか確認しましょう。

⑤自動車取得税の申告をする

運輸支局内の自動車税事務所で先ほど交付された、「車検証」と「自動車税・自動車取得税申告書」を提出します。

軽自動車の場合は「軽自動車税自動車取得税」を提出しましょう。

申告が終われば名義変更完了です。

⑥ナンバープレートを返納する

ナンバー変更がある場合は、ナンバー返納窓口にナンバープレートを返納します。

運輸支局内でドライバーの貸出がありますので、ドライバーを使用してナンバープレートを外してください。

⑦新しいナンバープレートを受け取る

ナンバー交付窓口でナンバープレート代を支払います。新しいナンバープレートの受け取りをしたら、そのまま車両に取り付けましょう。

最後に「封印」と呼ばれる、盗難防止用のキャップを取り付けると名義変更完了です。

なお軽自動車には封印はありませんので、ナンバープレートの取り付けだけで終了です。

名義変更のやり方 まとめ

名義変更の画像

名義変更は難しいように思えるかもしれませんが、実際に手続きしてみると意外と簡単にできます。

代行手数料を節約したい方は、ぜひ自分でチャレンジしてみてください。代行手数料も安くないですからね。

またトラブルに巻き込まれないためには、売り手側で確実に名義変更をして、その後買い手側に車両を引き渡す方法がオススメです。

個人売買では仲介業者がいないので、どうしてもトラブルが起こりやすくなります。

起こるトラブルはすべて自己責任になりますので、しっかり対策をしておきましょう。

あわせて読みたい
個人売買でのトラブルと回避方法 まとめ
【まとめ】車の個人売買・オークションは危険?トラブル例と回避方法車を安く購入する・高く売却する方法として、個人売買やオークションは有名な売買方法です。 まだ利用したことがない人にとっては、個人売...

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ