車買い替え

ローン途中の車を買い替える4つの方法【残債があってもOK】

ローン残債がある車を買い替える

今より大きな車が必要になった、もっと経済的な車が欲しいといった理由で、ローン途中でも車を買い替えたいと思う人は少なくありません。

しかし、いざ買い替えを検討し始めると「ローンが残っていても、車の買い替えはできるのかな?」って疑問に思いませんか?

ローンが残っていると、車を売却できるか心配になりますよね。

そこでこのページでは、ローン途中の車を買い替える方法についてご紹介します。

ローン途中の買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

車を買い替える前に所有者の名義を確認する

ローン中の車の画像

車の買い替えをするには、今乗っている車を売却する必要があります。

基本的にローン残債がある車でも売却することができますが、所有者の名義が「自分」か「ローン会社」によって、売却後の対応が変わります。

まずは、車の所有者の名義を確認しましょう。所有者の名義は車検証で分かりますので、お手元に車検証を用意して「所有者の氏名又は名称」を確認してください。

所有者の名義が自分

所有者の名義が「自分」なら、ローン残債があっても簡単に車を売ることができます。

ただし、利用しているローン会社によっては、ローン支払い中の売却を禁止しているところもあります。事前に売却できるか、1度ローン会社に確認してみるといいでしょう。

売却可能でしたらあとは車を高く売って、次の車の予算を増やしていきます。

車を高く売る方法はこちらの記事をどうぞ。

参考:損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

所有者の名義がローン会社

ディーラーやクレジット会社などの「ローン会社」が所有者の名義の場合、少し注意が必要です。

所有者がローン会社になっているため、車は自分のものではありません。ローンを完済するまで、勝手に売却することはできないです。

とはいえ、所有者がローン会社の場合でも、車を売る方法はありますので安心してください。

条件を満たせば所有権の解除をすることができ、車を売却することができます。

所有権の解除とは、ローンを支払い終えたあとに、ローン会社の所有する権利をはずす手続きのことです。

所有権の解除をして車を買い替える方法

所有権の解除の画像

所有者がローン会社になっている場合、車を買い替えるには「所有権の解除」をしなくてはなりません。

車を売却するために、まずは所有権の解除をしていきましょう。所有権の解除には、以下のいずれかの方法で対応します。

  1. ローン残債を一括返済で支払う
  2. 車を売却したお金でローンを完済する
  3. 車を売却して不足分を現金で支払う
  4. 新しく購入する車のローンに上乗せする

なお、現在のローン残債を把握しておかなければ、どの方法で対応していいか分からないと思います。

事前にローン会社に連絡をして、現在のローン残債がいくらなのか確認しておきましょう。

①ローン残債を一括返済で支払う

ローン残債を一括返済で支払うイラスト

ローンの残りを一括返済する方法です。完済すると所有権の解除ができますので、ローン完済後クルマを売却することができます。

ローン残債が少なければ、一括で返済してもいいかもしれませんね。

一括返済ができる場合は、事前にローン会社に連絡しておきましょう。所有権の解除に必要な書類を教えてくれます。

②車を売却したお金でローンを完済する

車を売却したお金でローンを完済するイラスト

車の査定額がローン残債より上回れば、車を売却したお金でローンを完済し、所有権の解除ができます。

基本的に所有権の解除をしなければ、車を売ることはできません。しかし、買取業者によっては、ローン残債があっても車を売ることは可能です。

買取業者が、車の買取金額からローン残債を一括返済してくれますので、ローン途中でも売却できるという訳です。

売却後、ローンも残らないため1番負担が少ない方法といえますね。手元に残ったお金は、次の車の予算として使えます。

③車を売却して不足分を現金で支払う

車を売却して不足分を現金で支払うイラスト

車を売却しても、ローンが残った場合の方法です。残債の不足分を現金で支払い、ローンを完済することで所有権の解除ができます。

不足分を現金で支払う必要があるので、資金に余裕のある人にオススメの方法です。

買い替えには「次の車の資金」+「不足分の現金」になるため、トータルでいくら必要になるかしっかり把握しておきましょう。

④新しく購入する車のローンに上乗せする

新しく購入する車のローンに上乗せするイラスト

車の売却後、残債の不足分を次の車のローンに上乗せする方法です。

不足分の残債しだいでは、不足分を現金で支払うのが難しいかもしれません。そういった場合に、残債の不足分を次の車のローンに上乗せして、ローンを一本化します。

注意点として、買い替えできるのは「車を売却する買取店」のみとなります。購入する業者と売却する業者が違う場合、ローンの一本化は難しいので注意してくださいね。

ローンの一本化を検討している人は、事前に車を購入したい店舗がローンの上乗せができるか確認してみるといいでしょう。

また、次の車にローンを上乗せするためローンも大きくなりがちです。

ローンの一本化をする場合は、無理のない範囲でお金を借りるようにしてくだいね。

車の売却と所有権解除に必要な書類

書類の画像

車の売却と所有権の解除に必要な書類は、以下の6点です。

必要な書類
  1. 車検証
  2. 印鑑登録証明書(市町村役場で用意してもらえます)
  3. 実印(軽自動車は認印で大丈夫です)
  4. 自動車納税証明書(5~6月に支払いした領収書)
  5. リサイクル券
  6. 自賠責保険証

委任状と譲渡証明書も必要ですが、買取店・ディーラーが用意してくれます。基本的にこちらで用意する必要はありません。

また、車検証の「使用者の住所」と「印鑑証明書の住所」が違う場合、住民票が必要となります。

売却の手続き、所有権の解除は買取業者がしてくれますので、任せて大丈夫です。

買取業者の人が必要な書類を教えてくれますが、あらかじめ用意しておくとスムーズに手続きできます。

参考:車の売却に必要な書類は?書類の入手方法も併せて紹介します!

まとめ

ローン残債がある車を買い替える

ローンで購入した車は、所有者の名義がローン会社になっているケースが多いです。しかしローン途中の車でも、ほとんどのケースで売却することはできます。

もし所有者の名義がローン会社でも、あきらめずに買取店に相談してみてください。

買取店もローン残債のある車の売却には慣れていますので、どうすれば売却できるかアドバイスしてくれます。

また、車を買い替える場合は、今乗っている車を高く売ることは大変重要です。高く売ることができればローンの負担も少なくなるため、買い替えもしやすくなるでしょう。

車を高く売る方法をまとめました。あわせてご参考くださいませ。

あわせて読みたい
車を高く売るコツ画像
損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説車を高く売りたい!でもどうすればいいのだろう?ーー 車の売却を検討しはじめると、多くの人が疑問に思うことだと思います。 愛車...

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ