個人売買

一時抹消登録の手続き方法は?個人売買でも車を安全に引き渡そう!

一時抹消登録まとめ

個人売買では名義変更のトラブルが多く報告されています。

「名義変更がされずに、自動車税の通知がこちらにきた」なんてケースもあります。そんなトラブルに巻き込まれたくないですよね。

そこで名義変更のトラブルを回避するために、一時抹消登録をして車両を引き渡す方法があります。

本ページでは一時抹消登録の概要、手続き方法を一通りまとめました。

一時抹消登録を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

一時抹消登録の概要

一時抹消登録の概要

一時抹消登録とは?

一時抹消登録とは車両を一時的に使えないようにする、廃車手続きのことです。

運輸支局にナンバープレートを返納することになりますので、抹消登録後は公道を走行することはできません。

一時的な廃車手続きになるため、抹消登録後に交付される「一時抹消登録証明書」を再登録をすれば、再び公道を走行できるようになります。

一時抹消登録のメリット

  • 個人売買での名義変更のトラブルが回避できる
  • 再登録すればまた乗ることができる
  • 自動車税の還付金がある(普通車のみ)
  • 自動車税が発生しなくなる

名義変更のトラブルを避けれるのは、大きなメリットです。個人売買では起きたトラブルはすべて自分で対応しなくてはなりません。

また個人売買での名義変更のトラブルを回避する以外にも、しばらく乗らない車の維持費を下げることもできますね。

長期出張などで車を使用しない場合は、一時抹消登録をして車を保管しておくという方法もあります。

普通車は一時抹消をすることで、自動車税の還付金が受けれます。残念ながら軽自動車にはありません。

一時抹消登録のデメリット

  • 公道を走ることができない
  • 車検の残りがなくなる
  • 再び公道を走るには車検を受ける必要がある

一時抹消中は公道を走行できません。そのため個人売買では陸送業者を使って運送するか、仮ナンバーを発行して自走できるようにする必要があります。

また買い手は再登録をする時に、再び車検を受けなくてはいけませんので車検費用が発生します。

一時抹消登録に必要な書類

一時抹消登録に必要な書類

必要な書類等

一時抹消登録に必要な書類等
  1. 車検証
  2. ナンバープレート2枚
  3. 印鑑証明書(軽自動車はいりません)
  4. 所有者の実印(軽自動車は認印で大丈夫です)
  5. 手数料納付書(陸運支局で手に入ります)
  6. 申請書(陸運支局で手に入ります)

通常の手続きで必要な書類になります。基本的にこちらで用意するものは少ないです。

場合によっては必要な書類

場合によっては必要な書類
  • 委任状(代理人が手続きをする場合は必要)
  • 住民票(住所を変更した場合)
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(氏名を変更した場合)

代理の人が手続きをする場合や、住所・氏名が変更した場合に必要となる書類です。該当しない方は必要ありません。

一時抹消登録に必要な書類をそろえる

①:車検証(自動車検査証 )

一時抹消登録したい車両の、車検証(自動車検査証)を用意します。

通常は車内に保管しているかと思いますが、万が一紛失した場合は理由書の提出が必要です。

参考:車検証を無くしちゃった!~再発行に必要な書類と手続き方法まとめ~

②:ナンバープレート2枚

一時抹消登録をしたい車両の、前後2枚のナンバープレートを外します。

ナンバープレートには「封印」と呼ばれる盗難防止用のキャップがあり、ナンバープレートを返納するためには封印を壊す必要があります。

封印はマイナスドライバーで簡単に壊せますので、自分で取り外すことも可能です。

③:印鑑証明書

印鑑証明書は市町村の役場で発行してもらえます。発行後3カ月以内の印鑑証明書を用意しましょう。

なお軽自動車の場合は必要ありませんので、用意しなくても大丈夫です。

④:所有者の実印

普通車の場合は所有者の実印が必要です。

実印の登録がまだ終わっていない方は、市町村の役場で印鑑登録しておきましょう。軽自動車の場合は、認印で構いません。

⑤:手数料納付書

手数料納付書は運輸支局の窓口にもありますので、一時抹消登録の当日でも手に入ります。印紙代の350円を用意しておきましょう。

⑥:申請書

申請書は運輸支局で手に入ります。こちらで用意しなくても大丈夫です。

委任状(必要であれば)

委任状は所有者本人以外が手続きをするときに必要です。

もし本人が手続きに行くことができない場合は、代理人が委任状を預かり代わりに手続きをします。

委任状には所有者の実印が押されたものを用意すれば、代行可能となります。

委任状をダウンロード

委任状の記入例

一時抹消登録の手続き方法

一時抹消登録の手続き方法

事前に手続きできる場所を確認する

必要な書類が用意できたら、次は再発行の手続きを進めていきます。

手続きは使用者の管轄する運輸支局等で行います。例えば品川ナンバーなら東京運輸支局ですね。管轄外では手続きができませんので、気を付けてください。

また普通車と軽自動車では手続きにする場所が違うため、あらかじめ場所と受付時間の確認をしておきましょう。

運輸支局は平日の16時までが受付時間です。土曜、日曜、祝日は業務を行っていないので注意してくださいね。

平日に行けない方は、家族や友人などの代理人に手続きしてもらうのも一つの手です。なるべく信用できる人に頼んでみましょう。

なお基本的な手続きの手順を紹介しますが、地域によっては若干の違いがある場合もあります。

手順①:運輸支局(軽自動車協会)で手続きをする

陸運支局(軽自動車検査協会)の窓口で、申請書に記入します。記入例がありますので、サンプルを参考にしながら記入していきます。

また印紙販売窓口で登録手数料(350円)の印紙を購入し、「手数料納付書」に貼り付けてください。

手順②:ナンバープレートを返納する

返納窓口でナンバープレート2枚を返納し、手数料納付書に「返納確認印」を押してもらいます。

手順③:申請書を窓口に提出する

記入した書類一式を運輸支局(軽自動車検査協会)の窓口に提出します。

書類に不備がなければ、一時抹消登録の内容が記載された書類が交付されます。

  • 普通車の場合:一時抹消登録証明書
  • 軽自動車の場合:自動車検査証返納証明書

一時抹消登録証明書(自動車検査証返納証明書)は再び公道を走行するときに必要になりますので、無くさないように大切に管理してください。

これで一時抹消登録は完了です。

手順④:自動車税の還付申請の手続きをする

普通車は自動車税の還付を受けられる場合がありますので、忘れずに申請手続きをしておきましょう。

一時抹消登録をしたら自動的に手続きされる仕組みになっており、1~3ヶ月後に還付金の通知ハガキが届きます。

届いたハガキを持って指定の金融機関に提出すれば、還付金を受け取ることができます。なお軽自動車は一時抹消登録をしても、自動車税の還付はありません。

一時抹消登録 まとめ

一時抹消登録まとめ

一時抹消登録の概要と手続き方法について解説させていただきました。

一時抹消登録は個人売買でのトラブル回避に有効な方法です。車両の抹消渡しをすれば、名義変更に関するトラブルはグッと減ります。

とはいえ個人売買では仲介業者がいないため、どうしても他のトラブルが発生しやすいです。

起こるトラブルはすべて自己責任になりますので、事前に個人売買でのトラブル例と回避方法を確認することをオススメします。

参考:【まとめ】個人売買・オークションでのトラブル例と回避方法

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ