SUV

【トヨタ】ハリアーの特徴と5つのメリット!気になるデメリットは?

ハリアーの画像

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

しかし、ホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

そこでこのページでは、ハリアーの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

ハリアーの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

今の車を高く売ってハリアーを買う方法を見てみる

トヨタハリアーの特徴

ハリアーの画像です
画像出典トヨタ公式
総排気量
1986cc,2493cc
販売価格
294~460万円
燃費(ガソリン車)
13.0~16.0km/ℓ(JC08モード)
燃費(ハイブリッド車)
21.4km/ℓ(JC08モード)
全長×全幅×全高(mm)
4725×1835×1690
最小回転半径
5.3~5.7m
乗車定員
5人乗り

ハリアーは日本向けに開発された、上級SUVの人気車です。

国内市場をターゲットに開発されただけあって、日本人好みの高級感を大事にしたデザインをしてます。

全長4,725mm、全幅1,835mm、全高1,690mmの大型のボディサイズに、上質で艶があるエクステリアは非常に存在感があります。

ハリアーの大きな特徴は以下の3つです。

  1. 高級感のあるシティ派SUV
  2. 内外装が上質なぶん価格は高め
  3. SUVとしては快適な乗り心地

高級感のある内外装と広い車内空間を備えており、上級セダンに近い快適な乗り心地をしています。

パワートレインは2,0ℓガソリン車、2,0ℓターボ車、2,5ℓハイブリッド車の3種類を用意。マイナーチェンジで2,0ℓターボが追加されたことにより、動力性能に余裕ができました。

上級SUVらしく車内の静粛性も高く、大人4人が乗ってもゆったりと座れるでしょう。高級のあるミドルSUVを選択するなら、ハリアーが選択肢に入りますね。

ハリアーのメリット

メリットの画像
  1. 上質な内外装
  2. 街乗りも高速道路でも快適に走れる
  3. 後席とラゲッジルームが広く使いやすい
  4. 3種類のパワー
  5. トレインを用意
  6. 先進安全装備Toyota Safety Sense Pの装着

上質な内外装

ハリアー内装の画像

内装はシートやドア内側に合成皮革を使い、エアコンはタッチパネル式を採用。インパネ周りはピアノブラックに加装飾がされています。

インテリアは高級セダンを思わせるような、質感の高い雰囲気です。競合SUVと比べると内装は上質に作りこまれており、高級感があります。

艶のあるエクステリアと質感の高いインテリアは、非常に魅力的ですね。

高級路線を売りにしているだけあって、内外装の仕上がりはさすがです。

街乗りも高速道路でも快適に走れる

シートのクッション性もよく、乗り心地を重視した足回りの設定は、快適に運転できます。

車間距離を自動制御する、クルーズコントロールが全グレードに標準装備されてます。ペダルの操作が軽減され、高速道路での長距離移動も疲れづらくなるでしょう。

街中でも長距離のドライブでも、快適に運転できますね。

後席とラゲッジルームが広く使いやすい

ハリアーラゲッジルームの画像

荷室は5名乗車していても十分な広さを確保しており、開閉口が広いので大きな荷物の出し入れもしやすいです。

9.5インチのゴルフバックなら、4個収納できるスペースがあります。

後席を倒すとフラットで奥行のある大容量のスペースが確保でき、アウトドアや旅行にも使用できるでしょう。

また後席の足元と頭上スペースもしっかり確保され、大人4名が乗車してもゆったりと座れますね。

十分な荷物が積めて、大人4名が余裕もって座れるのはミドルSUVの強みです。

3種類のパワートレインを用意

パワートレインは以下の3種類を用意しました。

  1. 2,0ℓ自然吸引
  2. 2,0ℓ直噴ターボ
  3. 2,5ℓハイブリッド車

2,0ℓ直噴ターボは最高出力が231PS(馬力)に向上し、トルクも一気に増すため、動力性能に余裕があります。

余裕のある運転がしたい方は2,0ℓターボを。リーズナブルに購入したい方は2,0ℓNA仕様を。

燃費性能と静粛性を重視する方は、2,5ℓハイブリッド車がオススメです。

選択肢が多いので、自分の使用目的に合った選択ができますね。

先進安全装備Toyota Safety Sense Pの装着

事故などなければ1番よいのですが、万が一事故にあった時に安全装備は非常に重要です。

ハリアーには4つの先進安全装備をセットにした、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ )がマイナーチェンジにより全グレードで標準装備されました。

Toyota Safety Sense
  1. プリクラッシュセーフティシステム
  2. レーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビームorアダプティブハイビームシステム
  4. レーダークルーズコントロール

対象物を検知するセンサーには、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムを採用してます。

ハリアーに装備されているトヨタセイフティーセンスPは、トヨタではミディアム・上級車向けの安全装備パッケージです。

そのため緊急自動ブレーキは車両だけでなく、歩行者にも対応してます。

緊急自動ブレーキは対車両が10km/h以上から対応。歩行者にも10km/h~80km/hの広範囲で対応します。

安全装備も高いレベルのものが装着されていますね。

ハリアーのデメリット

注意点の画像

続いてハリアーのデメリット・気になる点について紹介します。

デメリットは人によって感じ方が違いますので、購入前に1度自分で確認しておきたいところですね。

ハリアーのデメリットは以下の3つです。

  1. 大きいボディサイズは狭い道路では扱いづらい
  2. ノーマルエンジンはパワー不足ぎみ
  3. ライバル車に比べて販売価格が高い

大きいボディサイズは狭い道路では扱いづらい

ドライバーの目線が高くなるので、周りを見渡しやすく運転しやすいです。しかし全幅1,835mmの横幅があるボディサイズは、狭い道路では扱いづらいのが難点です。

慣れたら問題ないと思いますが、車両感覚がつかめないうちは、狭い道路での運転は控えた方がいいですね。

ノーマルエンジンはパワー不足ぎみ

2,0ℓノーマルエンジンは普段の街乗りでは必要十分な出力ですが、高速道路や追い越しでは力不足を感じるかもしれません。

上級SUVとしては動力性能は高くありませんので、余裕を持った運転をしたい方には不向きです。

ノーマルエンジンで運転に物足りなさを感じたら、ターボを検討してみてもいいかもしれませんね。

ライバル車に比べて販売価格が高い

上質な内外装をしてますが、その分だけ同クラスのSUVに比べ価格が高めの設定です。

競合車のエクストレイル、CX-5、フォレスターより価格が頭一つ抜けてますね。新車だと一番安いグレードでも、諸経費込みで300万円を超えます。

ちょっと購入しづらい価格ですね。。。中古車市場でも人気があるので、やはり販売価格は高いです。

まとめ

まとめイラストです

ハリアーは走行安定性と乗り心地のバランスがよく、快適な車内空間と上質な内外装をした上級SUVです。

ラゲッジルームの容量も十分に確保されており、実用性も悪くありません。

決して安い価格の車ではありませんが、所有する喜びがある車だと思います。

シティ派SUVですので、悪路などの走行には不向きです。街乗りが中心で、高級感のあるミドルSUVを求める人に向いてますね。

また、新車では販売価格がかなり高いですが、中古車なら在庫も豊富なので、購入予算に合わせて探すことができると思います。

ひとつ前のモデルなら比較的購入しやすいでしょう。

自分の使用用途に合わせて、ぜひお気に入りの車を見つけだしてくださいね。

あわせて読みたい
国産SUV車おすすめの画像
おすすめの国産SUV車『14選』【2018年決定版】SUVはもともとランドクルーザーやパジェロのように、悪路を走ることを目的にして誕生した車です。 しかし、現在ではシティ派SUVや2...

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ