トヨタ

【トヨタ】エスクァイアの特徴と8つのメリット!デメリットは?

エスクァイアの画像です

このページでは、エスクァイアの特徴とメリット・デメリットについてご紹介していきます。

カタログやホームページだけでは分かりにくい、メリット・デメリットをまとめました。エスクァイア購入前にぜひチェックしてください。

トヨタエスクァイアの特徴

エスクァイアの画像です
画像出典トヨタ公式

エスクァイアはラグジュアリー感のあるデザインに、背の高いボディに低床設計を採用したミニバンの人気車種です。2017年7月にマイナーチェンジをしており、現在は初代のモデルになります。

5ナンバーサイズでありながら広い車内空間と、乗り降りしやすい低床設計、質感の高い内外装が特徴のクルマです。

エスクァイア・ヴォクシー・ノアは、トヨタのミニバン3兄弟の一員になります。エンジンなどの主要部分は同じですが、外観のデザインや内装の質感に違いがあります。

エスクァイアの大きな違いは、バンパー下まで伸びたフロントマスクの大きなメッキグリルと、質感の高い豪華な内装です。3兄弟ではワンランク上のクルマになります。

ラグジュアリー感のあるエスクァイアには、スポーティ系グレードは設定されてません。ヴォクシー・ノアのように、エアロパーツが装備された3ナンバーボディも設定されておらず、3兄弟でのキャラクター分けがされてます。

パワートレインは2,0ℓガソリン車と、1,8ℓ+モーターのハイブリッド車の2種類を用意。ミドルミニバンの中では珍しい、1,8ℓハイブリッド車は優れた燃費性能をしてます。

また3列シートは使用しないときは、シートをたたんで荷室を広く使うことができます。乗車人数に応じて荷室を広く使うことができ、実用性も高いです。

上質で広い車内空間を備えており、家族に快適にすごせるクルマだと思います。

エスクァイアのメリット

7人乗りと8人乗りを設定

エスクァイアには7人乗りと8人乗りの、2タイプが設定されてます。7人乗りと8人乗りの違いは、2列目シートの設定です。

7人乗りでは2席が独立したキャプテンシートを採用してます。キャプテンシートなら、シートの間を通って2列目と3列目を自由に移動できます。

キャプテンシートにはスライド機能がついてますので、シートアレンジも多彩です。

8人乗りでは6対4分割のチップアップシートを採用。シートアレンジは限定されますが、乗車人数を優先するなら8人乗りがいいですね。

優れた燃費性能のハイブリッド車

エスクァイハイブリッドの燃費はJC08モードで23,8km/ℓです。ミドルサイズのミニバンの中でも、特に燃費性能が優れてます。

毎月の燃料代が安くなるのはもちろん、何度もガソリンスタンドに給油しにいく手間が省けます。

ハイブリッドなので静粛性も優れており、静かで快適なドライブができるでしょう。

3列目シートを収納すると広い荷室になる

3列目のシートは跳ね上げ式の収納方法をしており、シートをたたむと大容量の荷室が確保されています。

テレビや冷蔵庫などの大きな荷物や、子供が大きくなったときに自転車を載せることができます。普段は3列目シートをたたんでラゲッジルームを広く確保する、という使い方もできますね。

キャンプの道具や大きな家具を運びたいときも、問題なく載せれるでしょう。

3列目シートは低負荷で収納できる

跳ね上げ式の3列目シートは、低負荷で簡単に収納できるように設計されてます。女性でもあまり力を使わずに、2ステップ程でシートを収納できます。

手軽にシートを収納できるので、乗車状況によって簡単にラゲッジルームをアレンジしやすいです。

床下収納もきちんと確保

3列目シートは跳ね上げ式収納なので、シートを収納してもラゲッジルームの床下収納が使えます。床下格納式の場合、3列目シートを収納すると床下収納は使えません。

ラゲッジルームには深さ200mm程の床下収納のスペースが確保されており、常時使用することができます。

普段あまり使わないかもしれませんが、たくさん荷物を載せる時にあると便利ですね。

なおハイブリッド車は補助用のバッテリーが搭載されているので、収納スペース少しだけ狭くなります。

ワンタッチで開けれるパワースライドドア

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアは、スマートキーを携帯していればボタンひとつで簡単にスライドドアが開きます。

子供を抱っこしたままドアを開けたいときに、便利な装備です。またスライドドアは普通のドアと違って、隣のクルマにぶつける心配もありません。

後席の日差しを防ぐサンシェード

エスクァイでは直射日光を防ぐ、後席用サンシェードを全車に標準装備してます。

日差しって意外と気になりますよね。日よけがあれば、後席の子供を暑さから守ってあげれます。暑い日はサンシェードがあると便利です。

低床設計なので乗り降りしやすい

乗り降りしやすいように低床設計を採用し、先代より90mmも低床化しました。

後席のスライドドアは、地面からシートまでの高さが770mmに抑えられてます。セレナに比べると60mmも低く、乗降性に優れています。

ステップ高も低いので、ステップと地面までの距離がそれほど離れてません。小さな子供やお年寄りの方でも、乗り降りしやすいと思います。

エスクァイアのデメリット

緊急自動ブレーキは歩行者を探知しない

エスクァイには安全装備にToyota Safety Sense Cが、全車に標準装備されています。

Toyota Safety Sense Cに装備されている緊急自動ブレーキは、主に車両が対象で歩行者の探知はしません。歩行者を探知しない点には、注意が必要です。

ミドルクラスのミニバンなら、上位版の安全装備Toyota Safety Sense Pが欲しかったです。

安全装備については、セレナ・ステップワゴンの競合車種の方が優れてます。

バックドアを開けるには広いスペースが必要

全高が高いボディは広い車内空間を確保してくれますが、バックドアを開けるときは車両後方にスペースが必要です。

セレナやステップワゴンは後方のスペースが狭いときでも、バックドアを開けれるように工夫がされてます。

せまい駐車場では完全に駐車する前に荷物を降ろさないと、バックドアが開かないこともあります。

ちょっと荷室から荷物を取り出したいときに、わざわざクルマを移動させないといけないのは不便ですね。

ハイブリッド車には8人乗りと4WDの設定がない

エスクァイではハイブリッド車に、8人乗りと4WDの設定がありません。

雪が積もる地域だと2WDでは不安です。ハイブリッド車が欲しくても8人乗りや4WD仕様がないので、選択の幅が狭くなります。

3兄弟では販売価格が1番高い

上質な内外装をしてしまいますが、その分だけヴォクシー・ノアより販売価格が高めの設定です。

3兄弟ではワンランク上のクルマとして位置付けられており、価格帯としてもワンランク上です。

まとめ

まとめイラストです

エクスファイアの特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。

エクスファイアは広い車内空間、優れた乗降性、上質な内外装、高い実用性を備えたミドルサイズのミニバンです。

実用性が高く乗り降りしやすい、上質なミニバンを求めている人に向いています。

「上質なミニバンが欲しいけど、アルファードやヴェルファイアは大きすぎる」という方にピッタリなクルマです。

トヨタのミニバン3兄弟はエンジンなどの主要部分は同じなので、1番気に入ったデザインのクルマを選択してもいいと思います。

ラグジュアリー感のあるデザインが気に入れば、エスクァイアがいいですね。

ぜひご自分の使用用途に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ