ミニバン

【日産】エルグランドの特徴と8つのメリット!デメリットは?

エルグランドの画像です

このページでは、エルグランドの特徴とメリット・デメリットについてご紹介していきます。

カタログやホームページだけでは分かりにくい、メリット・デメリットをまとめました。エルグランド購入前にぜひチェックしてください。

日産エルグランドの特徴

エルグランドの画像です

エルグランドは迫力のある外観と充実した快適装備をそなえた、3ナンバーのボディサイズをしたLクラスのミニバンです。2010年8月から販売を開始しました。

2014年1月にマイナーチェンジが行われ、現在は3代目のモデルになります。ヴェルファイア・アルファードと並ぶ、日本の最上級ミニバンに位置付けられてます。

エルグランドの特徴は以下の4つです。

エルグランドの特徴
  • 低床・低全高の設計
  • 快適な車内空間
  • 高級セダンのような運転席
  • 国内最大級のミニバン

パワートレインは2,5ℓ直列4気筒エンジンと、3,5ℓV6エンジンの2種類を用意。ハイブリッド車は設定されておりません。

背の高いボディをした競合車種と違い、エルグランドは低床・低全高を採用しました。低重心なボディは、カーブを曲がるときに横風を受けてもふらつきにくく、ミニバンらしかぬ軽快な操縦性があります。
[br num=”1″]
シートにはトリプルオットマンを採用し、助手席と後席にそれぞれオットマンが内蔵されています。最上級ミニバンらしく、車内の快適装備はたいへん充実してます。

広々とした快適な車内空間は、ゲストの方に格別のおもてなしができるクルマだと思います。

エルグランドのメリット

7人乗りと8人乗りを設定

エルグランドでは7人乗りと8人乗りの、2タイプが設定されてます。7人乗りと8人乗りの違いは、2列目シートの設定です。

7人乗りでは2席が独立したキャプテンシートを採用してます。

キャプテンシートは座席が上質に作りこまれており、シートの間を通って2列目と3列目を自由に移動できます。

8人乗りでは6対4分割のベンチシートを採用。キャプテンシートと違い、3列目までシートの間を通って移動することはできません。

とはいえ、乗車人数を優先するなら8人乗りがいいですね。

快適な機能をそなえたコンフォタブルキャプテンシート

エルグランドキャプテンシートの画像です

7人乗りでは2列目シートに、質の高いコンフォタブルキャプテンシートをを採用しました。

コンフォタブルキャプテンシートでは、以下の機能がついた豪華なシートに仕上げてます。

  • ロングスライド機能
  • シートバック中折れ機能
  • 両側アームレスト
  • オットマン内蔵
  • カップホルダー4個付
  • シートサイドテーブル

リクライニングした状態にするとのびのびと座ることができ、快適さはファーストクラス並みです。

また助手席へのオットマンも全車に標準装備。助手席への配慮もバッチリです。

上質で快適な車内は、ゲストの方に喜んでもらえると思います。

使い勝手の良い3列目シート

エルグランドでは3列目シートに、前倒し式の格納方法を採用してます。シートを前に倒してたたむと、大容量の荷室を確保することができます。

前倒し式の格納方法によって、シートサイズとクッションの厚みを確保し、乗り心地を良くしました。

前倒し式格納は、はね上げ式格納と違って、たたんだシートがななめ後方の視界を遮りません。視界の邪魔にならないっていいですね。

またマイナーチェンジにより、3列目シートにスライド機能が装着しました。240mmのスライド移動を可能にし、ラゲッジルームの容量を拡大。

以前より不満だったラゲッジルームの狭さを改善し、利便性が向上してます。

乗員状況に応じて荷室を広く使うことができ、シートを格納すればキャンプの道具や大きな家具も問題なく載せれるでしょう。

乗り降りしやすい低床設計

低床設計を採用したエルグランドは、シートから地面までの距離が近く、ワンステップで楽に乗り降りできます。

後席のシート高は地上からシートまでの高さを780mmに抑えおり、小さな子供やお年寄りの方にも、乗り降りしやすい設計になってます。

後席のピラーにはグリップもついていますので、ゲストの方に楽に乗り降りしてもらえますね。

ヴェルファイア・アルファードのシート高は840~860mm。競合車種に比べ、乗降性は優れています。

ボタンを押すだけで開けれるワンタッチオートスライドドア

ワンタッチオートスライドドアは、スマートキーを携帯していればボタンひとつで簡単にスライドドアが開きます。

子供を抱っこしたままドアを開けたいときに、便利な装備です。またスライドドアは普通のドアと違って、隣のクルマにぶつける心配もありません。

助手席側のみ標準装備で、両側装備はオプションになります。

力を使わずに閉めれるリモコンオートバックドア

ボタンを押すだけでバックドアを閉めれる、リモコンオートバックドアが一部のグレードで装備されてます。

バックドアって意外と重いですよね。パワーバックドアがあればワンタッチで閉めれるので、力を使わずに楽に閉めることができます。

荷物の出し入れをする時は、パワーバックドアがあれば便利です。

後席の日差しを防ぐロールサンシェード

エルグランドでは直射日光を防ぐ、ロールサンシェード2列目・3列目に全車に標準装備してます。

3列目までサンシェードがあるのは、さすがですね。Mクラスミニバンでは3列目にサンシェードはありません。

日よけがあれば、後席のゲストに快適に過ごしてもらえます。暑い日はサンシェードがあると便利です。

駐車をサポートするアラウンドビューモニター

大きめのミニバンを駐車するとなると、不安に感じる人もいるかと思います。エルグランドには駐車をサポートする、アラウンドビューモニターをオプションで装着でます。

アラウンドビューモニターは、クルマの真上から見ているような映像をルームミラーに写し、周囲の状況を把握しやすくしてくれる装備です。

危険な時はアラームで警告してくれますので、運転が苦手な方でも安心して駐車できると思います。

エルグランドのデメリット

緊急自動ブレーキは装着されてない

エルグランドには衝突を軽減する、インテリジェントブレーキアシストが上級グレードで装備されています。

しかし緊急自動ブレーキの、インテリジェントエマージェンシーブレーキは装着されてません。

先進安全装備はほとんど装備されてなく、安全機能については遅れています。

安全装備についてはワンランク下のMクラスミニバン、日産・セレナの方が優れています。日産の最上級ミニバンとしては、物足りない安全装備です。

運転がしづらい大きなボディ

全長1,850mmの大きなボディに、最小回転半径5,7mと小回りもあまりきかず、狭い道路では運転がたいへんです。

狭い駐車場では、駐車スペースにあまり余裕はありません。駐車に気を使うと思います。

駐車に関してはアラウンドビューモニターがあると、ずいぶん楽に駐車できます。

慣れないうちはなるべく狭い道路に入らず、広い道路で車両感覚を身につけるといいですね。

まとめ

エルグランドまとめイラストです

エルグランドの特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。

エルグランドは高級感のある車内空間、充実の快適装備、優れた乗降性、乗り降りの良さを備えた最上級ミニバンです。

2,5ℓエンジンでも十分走りますが、2トン級の重量車には3,5ℓエンジンが欲しいところです。

パワーがある大排気量エンジンは、アクセルを踏み込まなくても余裕を持った走りができるため、運転手にゲストの方もストレスなく移動できます。

エルグランドは家族はもちろん、ゲストの方にも快適に過ごしてもらえるクルマだと思います。

ぜひご自分の使用用途に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ