コンパクトカー

【マツダ】デミオの特徴は?気になるポイントをまとめてご紹介!

マツダデミオの画像です

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

でもホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

このページではデミオの特徴と購入の参考となるポイントを、まとめて紹介していきます。

デミオの基本情報【価格・燃費】

マツダデミオの画像です
画像出典マツダ公式
【デミオ】基本情報
メーカー マツダ
販売時期 2014年9月
燃費 国土交通省審査値
20.6~30.0km/ℓ
排気量 ガソリン車1,298cc
ディーゼル車1,498cc
燃料タンク容量 44ℓ
車両重量 1,020~1,130kg
エンジン 直列4気筒DOHC、
直列4気筒DOHCディーゼルターボ
車のタイプ コンパクトカー
乗員定数 5人乗り
ナンバーの種類 5ナンバー
新車価格 138万円~226万円

現在のモデルは4代目のデミオです。

販売価格は138万円からとベースグレードの場合、比較的安く購入できます。

エンジンは1300ccのガソリン車、1500ccのディーゼルターボ車の2タイプを用意。またミッション車・4WDも選択可能です。

ディーゼル車は軽油の安さによって、燃費性能も優れています。

ガソリン車とディーゼル車では使用燃料が違います。

ガソリン車はレギュラーガソリン。ディーゼル車は軽油

走行性能と内外装の質感に力を入れており、流麗なデザインでスポーティーな走りに仕上げてます。

デミオインテリアの画像です
画像出典マツダ公式

同クラスのライバル車と比べて、デザイン重視のコンセプト。

ガソリン車・ディーゼル車ともに最上級グレードは、本革と合成皮革を使用した洗練されたインテリア仕様です。

グレードの特徴と装備の違い

デミオの場合ベースグレードは13Cになります。ベースグレードの13Cが最も安く購入でき、グレートが上がると装備も追加されていきます。

ここではガソリン車のベースグレード13C、上級グレードの13SツーリングLパッケージ

ディーゼルターボ車の中間グレードXDツーリングをご紹介します。

ベースグレード13C

デミオ13Cエクステリアの画像です
デミオ13Cインテリアの画像です

画像出典マツダ公式
13C基本装備
  • ハロゲンヘッドランプ
  • マニュアルエアコン(ダイアル式)
  • 4スピーカー
  • 電動格納式ドアミラー
  • 15インチスチールホイール
  • LEDリアコンビランプ
  • オートライトシステム

1,3ℓガソリン車タイプのベースグレードです。

販売価格は1,393,200円で、全グレード中1番安く購入できます。

燃費は国土交通省審査値で24,6km/ℓ

必要最低限の装備で、シンプルながらもスッキリとまとまった内装になってます。

メッキパーツやレザーの使用が少ないので質感は高くありませんが、価格が安いのが魅力的です。

デミオを1番安く買いたいという方は、ベースグレードの13Cがオススメです。

13SツーリングLパッケージ

デミオ13SツーリングLパッケージエクステリアの画像です
デミオ13SツーリングLパッケージインテリアの画像です

画像出典マツダ公式
13SツーリングLパッケージの追加装備
  • LEDヘッドランプ
  • フルオートエアコン
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • 6スピーカー
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリング・シフトノブ
  • 7インチWVGAセンターディスプレイ
  • 15インチアルミホイール

1,3ℓガソリン車タイプの上級グレードです。ベースグレードの13Cから装備が追加されます。

販売価格は1,776,600円

ベースグレードにはなかったフルオートエアコン、シートヒーターなど便利な機能が装備されます。

シートヒーターは寒い冬場にうれしい装備ですね。

内装は本革シート、本革巻きステアリング・シフトノブなどを使用しており、高い質感を再現してます。

外装・内装ともにデザイン性が向上した、装備の充実しているグレードです。

XDツーリング

デミオXDツーリングエクステリアの画像です
デミオXDツーリングインテリアの画像です

画像出典マツダ公式
XDツーリングの追加装備
  • LEDヘッドランプ
  • フロントLEDフォグランプ
  • フルオートエアコン
  • クルーズコントロール
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリング・シフトノブ
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • 6スピーカー
  • 7インチWVGAセンターディスプレイ
  • 16インチアルミホイール

1,5ℓディーゼルターボ車タイプの中間グレードです。ベースグレードから装備が追加されます。

販売価格は1,998,000円

燃費は国土交通省審査値で26,4km/ℓです。

ベースグレードにはなかったLEDヘッドランプの変更、LEDフォグランプ、16インチアルミホイールなど見た目が華やかになる装備が追加されます。

また1500ccのディーゼルターボは、実用回転域の駆動力は2500ccのノーマルエンジン並みに高く、燃料代に関しては軽油の安さによってハイブリット並みです。

運転性能と燃費性能を重視する方は、ディーゼルターボ車のXDツーリングはオススメです。

デミオの口コミ・評価

口コミのイラストです

デミオの口コミに関してですが、カーセンサーの口コミを参考に抜粋してみました。

しっかりとした会社が運営しており、たくさんの利用者がいるので口コミも参考できる内容となってます。

国産コンパクトカーらしからぬスポーティで高級感漂うスタイリッシュな外観が魅力的です。

内層の高級感、コックピット感も他のコンパクトカーにはない充実ぶりだと思います。

走りに安定感があり少々の急カーブなどでもシッカリと路面を捉えているので安心してハンドル操作できます。

やはりよいと感じたのは、エンジンの動力性能です。高速での追い越し加速も楽々です。

普通のコンパクトカーでこの動力性能は、他にないかもと思います。

今回乗ってみてディーゼルエンジンの良さを実感出来ました。

ラゲッジスペースが少し小さいのが気になります。

普段のお買い物などで使うには全く問題はないのですが、家族旅行などで荷物などがかさばる時などは、あともう少し広ければなと思うことはあります。

コンパクトカーである以上仕方がないことですが、運転席・助手席は比較的広めに取られているため、後方座席は手狭になっています。

デザインや運転性能はとても好評です。外装のデザインが気に入ったという方が多かったです。

デザインが気に入るかは大事ですよね。

運転を楽しめるという方も多く、コンパクトカーで走りを楽しむことができるだけの運転性能があります。

気になる点として同じコンパクトカーのライバル車に比べて、後席の狭さと荷室容量の小ささが指摘されています。大きな買い物をした時に不便なようです。

後席と荷室容量については、購入前に1度確認した方がいいですね。

まとめ

デミオまとめイラストです

デミオの特徴と購入の参考となるポイントについてご紹介しました。

デミオは走行性能・内外装の質感・乗り心地に力をいれた、質のいいコンパクトカーです。

車体価格が安いガソリン車。運転性能と燃費性能が良いディーゼルターボ車。2タイプから選択できるのもいいですね。

通勤や移動手段だけで利用するなら、ガソリン車タイプで十分かもしれません。

運転を楽しみたい方は、ディーゼルターボ車が楽しめるでしょう。

ぜひご自分の使用目的に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ