SUV

【トヨタ】C-HRの特徴と4つのメリット!気になるデメリットは?

C-HRの画像です

このページでは、C-HRの特徴とメリット・デメリットについて一通りご紹介していきます。

カタログやホームページだけでは分かりにくい、メリット・デメリットをまとめました。C-HR購入前にぜひチェックしてください。

トヨタC-HRの特徴

C-HRの画像です
画像出典トヨタ公式

C-HRは2017年に国内SUV販売ランキングで最も売れた、人気のコンパクトSUVです。

全長4,360mm、全幅1,795mmのボディはコンパクトSUVとしてはやや大きめの、3ナンバーのボディサイズになります。

パワートレインにはガソリン車の直列4気筒1,2ℓ直噴ターボと、ハイブリッド車の1,8ℓエンジン+モーターの2種類を用意。

SUVとクーペが融合したような個性的なデザインと、優れた走行性能が特徴的です。視界が高く、適度なボディサイズなので、街中でも運転しやすいです。

しかしデザイン性を優先したため荷室の高さが不足ぎみで、後方の視界が良くありません。そのためSUVとしての実用性は低く、残念ながらファミリーカーとしては不向きです。

C-HRのメリット

優れた走行安定性と快適な乗り心地

新世代のTNGAプラットフォームの恩恵によりボディの剛性が向上し、正確性に優れたハンドリングは、思い通りのラインを滑らかにトレースしてくれます。

足回りは硬めの設定をしていますが、TNGAプラットフォームとザックス製ダンパーの効果で、路面の不快な振動をしっかり吸収。乗り心地は快適です。

優れた走行安定性と乗り心地のバランスがいいです。静粛性も高く車内は静か。長距離のドライブも疲れにくいでしょう。

ハイブリッド車はSUVの中でもトップクラスの低燃費

C-HRハイブリッドの燃費はJC08モードで30,2km/ℓです。ハイブリッドを搭載するSUVの中でも、特に燃費性能が優れています。

パワートレインはプリウスと同じ、1,8ℓエンジン+モータを組み合わせたハイブリッドを搭載。SUV版のプリウスということで、抜群の低燃費です。

毎月の燃料代が安くなるのはもちろん、何度もガソリンスタンドに給油しにいく手間が省けます。

個性的で新鮮なデザイン

C-HRの最も特徴的なところは、SUVのボディにクーペのようなスポーティ感を組み合わせた、個性的な外観のデザインです。

後席のドアノブを上手く隠し、リアサイドウインドーを小さくすることでクーペ感を強くしてます。

エアコンのスイッチ類は直感的に操作しやすいようにドライバー側へ向いており、インパネ周りのデザインも個性的です。

デザインに関しては好みがありますが、一味違った先進的なデザインを楽しめるでしょう。

上位版の安全装備Toyota Safety Sense P

事故などなければ1番よいのですが、万が一事故にあった時に安全装備は非常に重要です。

C-HRには4つの安全装備をセットにした、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ )がすべてのグレードで標準装備されてます。

Toyota Safety Sense P

  1. プリクラッシュセーフティシステム
  2. レーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム
  4. レーダークルーズコントロール

対象物を検知するセンサーには、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムを採用。

C-HRに装備されているToyota Safety Sense Pは、トヨタではミディアム・上級車向けの安全装備パッケージです。

そのため緊急自動ブレーキは車両だけでなく、歩行者にも対応してます。アクア・ヴィッツなどのコンパクトカーは、緊急自動ブレーキは歩行者に対応してません。

緊急自動ブレーキは対車両が10km/h以上から対応。歩行者にも10km/h~80km/hの広範囲で対応します。

より高性能な安全装備が、日常での安全性を高めてくれるでしょう。

C-HRのデメリット

後方・斜め後方の視界が悪い

デザイン性を重視したボディは、リアガラスが小さいため後方・斜め後方の視覚がよくありません。

駐車場での出し入れが難しく、運転が苦手な方はバックカメラで補うなどの工夫が必要になります。

運転視界については、購入前に必ず確認したいところです。

後席は閉鎖感がある

後席のサイドウインドーの面積は小さく、頭上スペースは狭めです。そのため後席は囲まれたような閉鎖感があります。

前席優先の車内空間となっており、後席の居住性はそこまで高くありません。

足元の空間がやや狭く、2ドアクーペのような感覚の後席となります。長距離の移動は快適とはいえません。

ラゲッジルームの高さが不足気味

荷室の容量は318ℓと、ボディの見た目の割にはそれなりに容量があります。しかしリアゲートを寝かせているので、荷室の高さに余裕がありません。

後席を倒すとフラットなスペースに拡大しますが、背の高い荷物は積みにくいです。

ガソリン車は燃費性能がいまいち

ガソリン車の燃費はJC08モードで15,4km/ℓです。燃費数値がハイブリッドの約半分ほどしかありません。

経済的な優位性は薄く、1,2ℓのターボ車としてはもう少し燃費性能が向上して欲しいところです。

まとめ

C-HRまとめイラストです

C-HRの特徴とメリット・デメリットにつてご紹介しました。

C-HRは優れた走行性能、快適な乗り心地、高い安全性、個性的な外観のデザインをしたコンパクトSUVです。またハイブリッド車は、燃費性能も優れてます。

前席優先の車内空間をしており、実用性重視のクルマではありませんので、小人数で利用するのに向いています。

メリットとデメリットが極端なクルマなので、購入前に1度確認することをオススメします。

ぜひご自分の使用目的に合わせて、購入の参考にしてください。

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ