コンパクトカー

【トヨタ】アクアの特徴と4つメリット!気になるデメリットは?

アクアの画像

気になるクルマを調べるとき、カタログやメーカーのホームページで調べたりしませんか?

しかし、ホームページやカタログだけ見ても、よく分からないことってありますよね。

そこでこのページでは、アクアの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

アクアの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

トヨタアクアの特徴

アクアの画像です
画像出典トヨタ公式

アクアは全長を4m少々に抑えた、プリウスより一回り小さいハイブリッド専用車です。

アクアの大きな特徴は以下の3つです。

  1. ハイブリッド車では価格が安い
  2. 5ナンバークラスの扱いやすいサイズ
  3. 抜群の低燃費

ハイブリッド車のなかでは価格が安く、扱いやすいコンパクトなボディに、圧倒的な燃費性能を誇る代表的なエコカーです。

パワーユニットは直列4気筒1,500ccのエンジンとモーターを採用してます。

2011年12月の販売以来、改良を重ねて、乗り心地・内装の質・ノイズの減少など改善。

安全装備ではレーザーカメラと単眼カメラを組み合わせた、自動ブレーキシステムToyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)が装備可能となりました。

改良前は硬かった乗り心地も、足回りを柔らかくすることで粗さを抑え、乗り心地と走行安定性のバランスがよくなってます。

背の低いコンパクトなボディのため、後席と荷室がやや狭いです。

そのため、実用性はあまり高くありません。少人数で使用するのに向いた車ですね。

アクアのメリット

メリットの画像
  1. コンパクトカーでトップクラスの燃費性能
  2. 小さく軽量なボディで街中を運転しやすい
  3. 乗り心地と走行安定性のバランスがいい
  4. 安全装備Toyota Safety Sense Cが装備可能

コンパクトカーでトップクラスの燃費性能

アクアの燃費はJC08モードで34,4km/ℓに達します。軽いボディにハイブリッド車とあって、抜群の低燃費です。

販売ランキング上位のクルマであり、人気の理由に優れた燃費性能があります。ライバル車のノートe-POWER、フィットハイブリッドに見劣りしない燃費性能です。

毎月の燃料代が安くなるのはもちろん、何度もガソリンスタンドに給油しにいく手間が省けますね。

小さく軽量なボディで街中を運転しやすい

5ナンバーサイズに抑えたコンパクトなボディは、車両感覚を把握しやすく、混雑した街中でも運転がしやすいです。

軽量なボディの割にモーターの動力性能が高いため、加速はスムーズ。モーターのみで発進する時も力強いです。

最小回転半径は4,8mと小さく、小回りがきくボディサイズは街乗りでは最適でしょう。初心者の方や運転が苦手な方にも、十分運転しやすいと思います。

また、エンジンをかける時、発進・停車の時の音はもとても静かです。早朝や夜遅くに出かけるときも、ご近所の方に気兼ねなく出し入れできます。

乗り心地と走行安定性のバランスがいい

ボディが軽く低重心なため、走行安定性が優れています。カーブを曲がるときに大きくハンドルを切っても、揺れがほとんどありません。

発売当初は硬めの足回りをしており、操舵感は機敏でよく曲がりましたが硬めの乗り心地でした。

改良後は少し柔らかい足回りに変更。安定性を犠牲にすることなく、乗り心地の硬さが解消され快適になりました。

街乗りに、長距離移動も快適にドライブできるでしょう。

安全装備Toyota Safety Sense Cが装備可能

事故などなければ1番よいのですが、万が一事故にあった時に安全装備は非常に重要です。

アクアにはレーザーカメラと単眼カメラを組み合わせた、自動ブレーキシステムToyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)が装備されています。

Toyota Safety Sense C
  • 自動ブレーキ
  • 車線逸脱警報
  • 自動ハイビーム
  • 先行車発進アラーム

4つの安全装備が、私たちの運転を支援してくれます。緊急自動ブレーキは万が一の時に心強いですね。

「S」「L」グレードではトヨタセーフティーセンスCはオプション扱いになりますので、追加で装着する場合は54,000円のオプション料金が発生します。

オプション料金もそんなに高くありませんので、安全装備はぜひ装着しておきたいですね。

(※2018年4月22日追記):改良により、トヨタセーフティーセンスCからトヨタセーフティーセンスに変更。オプション料金は43,200円になりました。

アクアのデメリット

注意点の画像

続いてアクアのデメリット・気になる点について紹介します。

デメリットは人によって感じ方が違いますので、購入前に1度自分で確認しておきたいところですね。

アクアのデメリットは以下の3つです。

  1. 後席と荷室が狭い
  2. 緊急自動ブレーキは歩行者を検知しない
  3. フロントピラーで死角が多くなる

後席と荷室が狭い

空気抵抗を重視したボディは、背が低くコンパクトです。そのため後席と荷室のスペースは狭めとなってます。

大人の男性が乗るには圧迫感があるので、長時間乗るのはつらいと思います。また後席の天井は低いため、背が高い人が乗り降りするのは大変かもしれません。

あまり後席を利用しない方には問題ないかもしれませんが、ファミリーカーとして利用するには後席の狭さが気になるところですね。

基本的に少人数で利用するのに向いています。

緊急自動ブレーキは歩行者を検知しない

緊急自動ブレーキは10km/h~80km/hの速度に作動し、30km/hの減速を行います。

しかし装着されている緊急自動ブレーキは、主に車両が対象で歩行者の探知しません。歩行者を探知しない点には、注意が必要です。

安全装備(トヨタセーフティーセンスC)は安価で装着できるぶん、残念ながら性能はあまり高くありません。

(※2018年4月22日追記):安全装備がトヨタセーフティーセンスに改良されたので、歩行者を探知できるようになりました。

フロントピラーで死角が多くなる

太く寝ているフロントピラーが運転の視界をさえぎり、前方の死角が多くなります。そのため前方の視界はあまりよくありません。

歩行者や自転車がフロントピラーの死角に入ったり、山道での右カーブは対向車と被ると見えづらいと感じるかもしれません。

慣れたら問題ないと思いますが、1度試乗して、見え方の確認をしておきたいですね。

まとめ

アクアまとめイラストです

アクアは高い燃費性能、、優れた走行安定性、街乗りがしやすい5ナンバーサイズの低価格の本格的なハイブリッド車です。

後席が狭めですので、たくさん人を乗せるのには不向きです。しかし、少人数で利用するなら、普段の足やセカンドカーとして十分活躍できるでしょう。

通勤用の車としても、高い燃費性能は魅力的です。毎日距離を走る場合、燃料代がバカになりませんよね。

扱いやすい5ナンバークラスで本格的なフルハイブリッド車が欲しい人は、アクアを選択肢に入れていいと思います。

自分の使用用途に合わせて、ぜひお気に入りの車を見つけだしてくださいね。

人気記事損をしない!車を高く売るコツを初心者向けに1から徹底解説

人気記事どこで買うべき?中古車の見つけ方・探し方まとめ『4選』

\ 稼げる仕事をお探しの方へ/
すぐに稼げる期間工ブログ